東京消防庁災害時支援ボランティアとは、都内に発生した震度6弱以上の地震や大災害に対して、消防機関と専門的な知識・技術を持ったボランティアとが、お互いに協力して、災害の拡大を防ぎ、被害を小さくするために活動することを目的にとした専門ボランティアです。

ここで言う専門的知識と技術は、一般ボランティアにおいては、ボランティアに登録後、講習や訓練で習得していきます。ですから殆どの人は、最初は素人です。安心して登録してください。

東京都内(東京消防庁管内)80数か所の消防署全てに、災害時支援ボラティアは配置されています。登録を希望される方は、最寄りの消防署にお問い合わせください。

(以下、東京消防庁ホームページ抜粋)http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-bousaika/sien/index.html

登録要件

原則として東京消防庁管内に居住または勤務・通学されており、震災時等に消防に対する支援活動を行う意志のある15歳以上(中学生を除く)で、次のいずれかの要件を満たす方です。

  1. 普通救命講習を修了している等、応急救護に関する知識を有する方
  2. 過去に消防職員、消防団員、消防少年団員として1年以上の経験がある方
  3. 震災時等、復旧活動時の支援に必要となる資格や技術(消防設備士、危険物取扱者)を有する方



 

⑥お知らせ

全て表示

最近の記事一覧

全て表示