2008.10.26

地域防災力 ★大田区消防団合同点検

10月26日 大田区スタジアムで大田区消防団合同点検がありました。
大田区内の消防団は、大森・田園調布・矢口・蒲田の4消防団です。
合同点検では、部隊検閲がありました。

【部隊検閲】 機械部隊(可搬ポンプ積載車)と徒列部隊(4消防団と特殊技能部隊)が、検閲官の前を行進して検閲を受けるものです。
  

この後、消防操法(田園調布消防団による可搬ポンプ基本操法)、応急救護(応急手当指導員・普及員)、消防活動へと続きます。
災害時支援ボランティアは、4消防署(大森・田園調布・矢口・蒲田)から18名が参加しました。(下の写真)
 

【消防活動】
大地震が発生、地元町会自治会の市民消火隊がC級可搬ポンプ車による初期消火を開始。
その後、災害時支援ボランティアは、倒壊家屋に取り残された被災者をボランティア資機材を使用して(実際は展示)救助活動を始めました。そこへ特殊な機材を持参した消防団が合流。ボランティアは、消防団の補助として被災者の救出を手伝いました。
また、消防団の救護班の担架にボランティアは補助として協力し、現地救護所へ搬送しました。そこでボランティアは、撤収しました。
(筆者も一緒に行動していたので、活動中の写真を撮ることは出来ませんでした。)

  
被災者を全員救助した後、倒壊家屋から火災が発生、4消防団と消防隊による一斉放水が開始され、無事に鎮火致しました。

今回は、4消防署の災害時支援ボランティアは、計18名。蒲田消防署のボランティアは定員5名のうち2名の欠員がありましたが、どこの消防署のボランティアも与えられた任務を的確に行い、1000名前後の消防団員に多少なりとも災害時支援ボランティアの存在と能力をアピールすることが出来たかと思います。また、4消防署ボランティア同士が、交流することも出来ました。

『地域防災力』とは、災害時非常時では、今回のような姿が理想的だと思います。今後は、平常時日常時の『地域防災力』を強化し、防災だけでなく減災にも力を注いでいきたいと思います。本日参加されました消防団員、準備進行されました消防職員、地元市民消火隊隊員、そして4消防署のボランティアの皆さんに敬意と感謝を表します。どうか、今後ともご指導ご協力の程、お願い申し上げます。

 

2008.10.24

震災消防演習② (長距離ホース延長訓練)

    ★消火Aチームと消火Bチーム、放水はじめ!!!                            
          

★ 災害時支援ボランティア・消防隊・消防団、一斉放水! 


東糀谷四丁目空地に移動するため、「消火」「救助」「救護」の各チームを消火Aチームと消火Bチームに再編成し、「スタッフ」チームを「ボランティア本部」とした。
コーディネータは、消火チームAとBのリーダーに対し、出発から帰署そして解散までリーダーとして安全管理と怪我の対応など、事故の発生時には必要な行動を取るよう指示した。

ボランティア本部は、Bチームに合流して自転車で移動。Aチームも自転車のない1名を署のバスで移動させた後に自転車で移動。
途中、環状八号線でAとBチームは別行動で訓練場所へ移動した。
東糀谷四丁目空地の訓練会場にて、全ボランティアが集合。蒲田消防ボランティアの会が作った『災害時支援ボランティア募集の旗』をボランティア本部とした。訓練開始まで、そのボランティアの旗を中心に、整列訓練・行進訓練を実施。蒲田消防署のボランティアでは、初訓練となったが、皆が真剣に行ったのでうまくいった。

その後、現地対策本部にコーディネータ以下13名で参集報告。
署隊長(副署長)より、活動(訓練)命令がボランティア全員に出された。「ポンプ車から長距離ホースを延長し、放水を実施した。」

     
ポンプ車前のホースを長距離延長。各人が担いで、延ばしていく。   二本巻き。これを延ばす。

    
1本のホースから2本水が出る管。 署隊長の講評。頭中、休め! 撤収。一本巻き。最初より重い!




2008.10.24

消防震災演習① (参集受付・チーム編成訓練)

 
                      
                                                                       災害時支援ボランティア放水訓練!
10月18日(土)7時30分 東京地方に大規模な地震(震度6弱以上)が発生したとの想定で、災害支援機能の向上と消防隊との連携強化を目的として、下記のとおり訓練を実施しました。災害時支援ボタンティアは、身の安全、家族への指示等必要な措置を図った後、活動しやすい服装で登録証を持参、消防署への参集訓練を開始した。

一番最初に参集したボランティアは、消防署の受付から参集事務の文具と参集に必要な名簿、マニュアル一式が入った手提げボックスを渡される。それを開ければ、参集受付からチーム編成、災害情報受付などコーディネータやリーダーガ参集しなくても活動できる出来るようにしてある。 
その後、消防署には、8時頃までにボランティア、リーダーが次々に参集した。8時にコーディネータも参集した。
コーディネータは、到着済みのリーダーから状況報告を受け、直ちにチーム編成に取りかかった。
蒲田消防署の災害時支援ボランティアには、専用ホワイトボードがあり、それには全ボランティアの名前を記した名札が付いている。
コーディネータは、緑色。リーダーは、黄色。一般ボランティアは、白色。
活動内容別チーム札があり、そこに参集ボランティア自身が、チームを選んで行く。リーダーも自分が望む活動の札に名前を置く。

活動には、「消火」「救助」「救護」の各チームをリーダー1名に4名のボランティアでひとつのチームとして3チームを編成をした。そのほかコーディネータに2名のリーダーからなる「スタッフ」チームを編成した。その後、消防署外での訓練に備え、災害情報の収集の仕方(受付に寄せられた情報をボランティア本部へ)、そして署隊本部へ提出する訓練を実演。その後、ボランティアテキストから抜粋した
『リーダーの心得』を全員に配り、リーダー・コーディネータになることを薦めた。

2008.10.24

260分の15・・・・・・これが現実!?

10月18日(土)朝7時30分 東京地方に震度6弱の地震が発生したとういう想定で、東京消防庁全庁での『震災演習』が開始されました。消防署員は、朝から夕方4時半まで続くのですが、災害時支援ボランティアは、午前中だけです。

この演習、ボランティアは、事前に参集者を募ります。消防署では、災害時支援ボランティア登録者約260名に対し封書で参加有無の案内を送付します。それに対し回答者は30名、そのうち参加の意思を連絡した者は、18名。そして実際に参集した者15名でした。(消防署発表)

参集者は、参集受付後となりの災害時支援ボランティア用のホワイトボードに、コーディネータ、リーダー、一般ボランティアの名札が掲示されています。参集者は、その中から自分の名札を取り外し、活動したいチームに名札を貼るようになっています。

それを見た参集者の口々から「この人は、もうやめた。って言っていたよ。」「こちらの人は、やめたがっているよ。」「ああこの人、もうこの町にはいないよ。」などなど。とりあえず、簡単にピックアップしてもらっても数十名いました。この現状を消防署にお伺いしました。

すると消防署では、「ご本人の意志確認が必要です。電話やFAXで構わないので、ボランティアを辞退する意志のある方には、速やかにご連絡をいただきたい。皆さんのお知り合いで、そういう方が入らしたら、その旨伝えてください。」と、言われました。

260分の15・・・・・参集率、一割以下の現実・・・・・。

2008.10.23

趣味を活かして、災害時に支援活動をしよう!

災害時支援ボランティアの活動というと、消防・救急・救助・救護の支援。情報収集・消防署スタッフなどがあります。
訓練を繰り返せばむずかしいことはありません。しかし、もっと自分の趣味や特技を活かした活動があるはずです。
私達は、災害現場だから特別ではなく平常時の行いを非常時に活かせないものかと、検討しています。
災害時、命があり体に支障がなく家族が無事なら、誰でも災害時支援ボランティアとして役立ちます。
さあ、ボランティアに登録しましょう!

例えば、体力に自信が無くても人の話を聞くのが上手な人には、“傾聴”をお願いしたい。
災害現場で、人間の手では動かせない塀や瓦礫に挟まれた人がいたとしましょう。
ボランティアは、本部の指示を仰ぎ、重機が届くまで他の場所での活動を指示されたとしましょう。
その中で、一人“傾聴”が出来る人がいれば本部に相談し、傷病者の容態観察と元気付けを兼ねて、
傷病者の傍らで話相手をすることが出来るでしょう。

写真が趣味、絵手紙が趣味、絵を描くことが大好き。・・・・・情報収集活動をお願いします。
物体を写したり、書いたりすることが好きな人は、一般的な視野でなく、消防が知りたい情報を掴むことが出来ると思います。
消防は、どのような情報を集めているかは、ボランティア講習で教わります。

動物が好き、犬と散歩するのが好き、猫と遊ぶのがすき!・・・・・災害現場は、人間だけがいるわけではありません。
動物も被災します。動物も避難したい。そして動物は、避難所の癒しにもなります。

私は、日常のほとんどの趣味や遊びが、災害時支援活動に活かされると思っています。だから「自分には、力がないから。」「体が弱いから。」と、言った理由でボランティアにはなれないと思っている方は、遠慮無く登録してください。自分の身の回りのことが出来る人なら大丈夫です。一人一人にあったボランティアの仕方があるはずです。

非常時とは、日常ではないことです。でも、日常に近づけ最終的には日常に戻すことが必要です。災害だから慌てることはありません。災害により悲惨な目にあったり、悲しい場面に遭遇したり、大きな怪我をして苦しむこともあります。
それでも自分が一番好きな事、得意としていることを災害時の支援活動に活かしましょう。そして、災害時を乗り切りましょう。

2008.10.22

地域防災力 ★大田区消防団合同点検見学歓迎!

 
大田区消防団合同点検を実施します。
 10月26日(日)大田スタジアム(大田区東海1-2-10)において、大田区内4消防署合同の消防団点検を実施します。消防団員の服装、車両・機材等の点検を行うとともに、徒列部隊行進、消防車両による機械部隊行進などを行い、災害に対する士気の向上を目的として行います。     (出典:『大森消防署 大森かわら版』)

一般の方も見学できますので是非、見に来て下さい。
この合同点検に、 大田区内4消防署(蒲田・大森・田園調布・矢口)の災害時支援ボランティアも、参加します。
各消防署から各5名計20名のボランティアも参加します。
ボランティアの活動内容は、当日決まるので分りませんが、消防団・消防隊の支援活動を行います。 

以下の写真は、平成17年の大田区消防団合同点検の様子です。多摩川河川敷で開催されました。
     
(上記は、 徒列部隊行進の様子です。)
     
①地域防災の原点!バケツリレー。②市民消火隊の放水  ③消防団が現場に駆けつけます。  
  
④消防団現場本部で、作戦会議。⑤一斉放水!(市民消火隊・消防団・消防隊)

さあ!今年から災害時支援ボランティアも活躍します!是非、見に来てください!!

2008.10.20

地域防災力  ★仲六郷三丁目町会市民消火隊

災害時支援ボランティアのコーディネータは、大地震や大災害時に消防署に参集しボランティア本部を立ち上げリーダーやボランティアのチーム編成や活動指示などを出します。しかし、それは非常時の話です。先日のコーディネータ講習会では、平常時から自主防災組織(町会)や市民消火隊、消防団との理解と協力、連携を図り地域防災力の強化に努めるよう指導がありました。

今回は、2月24日に見学した市民消火隊の訓練の様子を紹介します



 大田区仲六郷三丁目町会市民消火隊は、隊長以下全員が自宅に防火衣を用意されています。訓練は勿論のこと、町内で火災があると防火衣に着替えて火事場に駆けつます。
一番員(筒先員)は、女性隊員です。消火隊のほか、最近では消防団にも入団されました。そして応急手当普及員にもなり、大活躍をされています。
  ←道路を封鎖!→    
                                                     消防隊が、消防車で到着。
 
       
           消防職員が消火栓を開いて、1トン用簡易水槽に注水!そして訓練は開始される!




2008.10.15

バケツリレー 即興ワンポイントアドバイス!

先日の南蒲田一丁目自治会(防災団)の防災訓練では、消防団の方の指導補助としてバケツリレーを担当しました。簡易水槽から水を入れて運び、終点のドラム缶を火点としてドラム缶に水を注ぎました。バケツリレーは、他の訓練同様2時間の間に6チーム(20名程度)が順に回ってきます。

当初は一列に並び、簡易水槽の水をバケツに入れて順々に運び、終点のドラム缶を火点として、先頭の人にバケツが届いたらドラム缶に水を注ぎます。注いだ人が空のバケツを持って後に走ります。その人が一番後に着いたら簡易水槽から水を汲んで、そのバケツを前の人に渡します。それを2巡すると休憩に入りました。
飽きさせないように「お隣が燃えています。」「どんどん水を運びましょう。「後少しで消えそうです」などと皆さんに大きな声をかけました。

他の訓練コーナーと違い重いものを運びますので、腰や腕に疲れるがでるといけませんので、休憩をいれました。ただ、休憩をしていても時間がもったいないですので、休憩の合間、消防団の部長から消火の心得をお話していただきました。
その後、まだ時間がありましたので、『ボランティアも何かお話をしなさい。』と、その部長さんから指示がありました。そこで即興・防災ワンポイントアドバイスなどを5分~8分程度しました。

だんだん調子が出てきて、両手両足全身全霊を使い、阪神淡路大震災(知人の)体験談、住民パワーの必要性、自助供助公助の必要性、「自分が生き抜き、家族そして近所の安全を確認したら町会本部(この町会は、『防災団本部』)に行って人を助けにいきましょう!」
優しい言葉で、誰でも分かる言葉で話しかけること。ハッキリした大きな声で笑顔を絶やさずに話しかけることを心がけました。気が付くと笑いを取り参加者に「では、もう一つ違ったバケツリレーを紹介します。元の位置に戻って下さい。」と言うと参加者から『訓練より、こっちの話のほうがおもしろいよ!』って、言っていただき内心複雑な心境になりました。

その後、再び水槽とドラム缶の間に並んでもらいました。今度は、二列です。私はこの二列の間をバケツを持って歩きながら、「バケツが皆さんの間を通って行くことをイメージしてください。交互でも両手でも構いません。」「兎に角、皆さんの間をバケツがまっすぐに進むようにしてください。」「出来る限り近づいてください。こうすれば愛は生まれませんが、腰を痛めることもありません。」など冗談を飛ばしながら説明をしました。

この方法も水を火点にかけたら(今回もドラム缶に注ぐ)、水をかけた人がそのバケツを持って外側を走りバケツを後方に届け、水槽の水をバケツで汲んで前に回します。先頭は、水を交合にかけ、代わる代わる右と左に分かれるようにします。列は全体的に前に進むようにすると良いでしょう。

再び、休憩。「バケツリレーに決まりや方法などありません。(バケツリレーを)書いた本はありますが、今回の訓練は、参考として覚えて下さい。」「実際の火災現場を想像してください。それは火事場と水槽(風呂や池・プールなど)が、どのくらい離れているでしょうか?」「そして何人の人が集まってくるでしょうか?」「さらにバケツは、いくつ集まるでしょうか?」「そのときの状況で全てが、変わってきます。」「実際の火災現場にバケツは置いてありません。」「皆さんが、バケツと人を集めなければいけません。」「自分でバケツを持ってこなければいけません。」

会社の朝礼等で一方的に話かけることはありますが、今回のように防災訓練の合間を利用して、防災訓練参加者の方に参考になる話を即興でする機会をいただき私にとってとても貴重な体験でした。気をつけた点は、訓練参加者お一人お一人に話しかけるように、相手の顔を見て話しました。参加者は老若男女。出来るだけ大げさにならず、数字を間違えないように心がけました。しかし、仲間から途中で何度か注意を受けながら話を進めました。

 最後に両手を挙げながら、「毎年防災訓練に参加して、一生災害に遭わなければ幸せだー!」っと、叫ぶと参加者から拍手が上がりました。

2008.10.14

10月16日(木)午後7時~『(自主)夜間訓練』

今月の『夜間訓練』
お題:“心肺蘇生とAED その2”
講師:“IS応急手当普及員”
(蒲田消防署災害時支援ボランティアのボランティア /蒲田消防ボランティアの会役員)

先月、応急手当普及員になったばかりのボランティアのISさん。緊張の初指導でした。
予定時間の後半から、救急隊員と消防隊員のPA連携訓練見学が入り、初指導が中断しました。
そこで今回は、再度改めてISさんに指導を頼みました。
指導をする側も、指導を受ける側も真剣に訓練に取り組んでいます。

災害時支援ボランティアに興味ある方、AEDや救急法を学びたい方は、是非一緒に学びましょう。
見学歓迎です。勤務先の関係で、お住まいが蒲田消防署管内以外の方でも構いません。

2008.10.13

《参集受付マニュアル》


《参集受付マニュアル》
(不明な点は、テキスト参照。)

最初に参集したボランティアが『参集受付担当』となります。
このマニュアルに従い行動して下さい。
 
★コーディネータ・リーダーからなる「ボランティア本部」が設立されるまで、災害受付担当者と協力して作業を進めて下さい。また、ボランティア本部設立後、そのままスタッフチームとして、活動していただく可能性もあります。
★★参集者が多数の場合は、受付終了者から順に『参集受付担当』を任せ、参集受付窓口を広げ、多数の参集者を出来る限り短時間で処理しましょう。チーム編成に必要な人数が確保できたと判断した時は、参集受付を減らしチーム編成・活動準備などの初動体制を確立しましょう。

      
Ⅱ-.【参集ボランティアの確認】の参集
 受付担当者は、参集してきたボランティアの登録証を確認してください。(登録証№と氏名をチェックして下さい。)
☆チェック終了後
① 参集者個人に『参集者受付及びチーム編成名簿』を見せ、
「氏名・参集到着時間・体調」を必修記入させてください。
次に、「事前調査データ」を参集者に確認させてください。
特に「活動」欄に参集者本人が、どのような「活動」をしたいか、第1・2希望を確認して下さい。
(署隊本部の要請により、希望に添えない場合があることを、言葉で添えて下さい。)
            参集者個人に『ホワイトボード』を見せ、次の指示を出して下さい。
ホワイトボードには、登録ボランティア全員の名札が貼ってあります。参集者は、受付名簿記入後そのボードから名札を外し、自分が活動したい第1希望の活動チーム名の札下に付けさせて下さい。
Ⅱ-.【登録証を不携帯】の参集
①「登録証」を持たずに参集したときは、免許証・身分証明等で氏名を確認し、『ボランティア登録者一覧』と照合してください。何も確認するものを不携帯な場合は、参集本人に住所・氏名・電話番号を紙に記入して貰い、上記登録一覧で照合して確認して下さい。
(多数の参集者があるときは、他者に照合を依頼しましょう。)
 
②『参集受付セット』から『ボランティア登録証』を出し、「氏  名」「発行年月日」「登録番号」(不明の場合、下段にKー01<署所記号、蒲田K・空港A・六郷R・羽田H-発行順番号>参集受け付け名簿空欄にも記入)写真欄には『仮』と大きく[朱書]して『仮登録証』を発行します。
 
Ⅱ-3.【他の消防署で登録されている方】の参集
 ①登録証を確認し、『参集者受付及びチーム編成名簿』の余白欄に参集日時、氏名、備考欄に登録消防署名を記入して下さい。
  ※「受入れ担当」署員(不在の場合は、ボランティア本部)に報告して下さい。
 
Ⅱ-4.【古い登録証(発行から5年超)】の参集
 ①『ボランティア登録者一覧』を確認し、登録記録が有る場合は、そのまま通常通り受け付けて下さい。
 ②登録記録が無い場合は、新たに『ボランティア登録申請書』に記入してもらい(欄外に持参した登録証の登録番号と発行年月日を記入)持参した「登録証」をそのまま使用します。
※「受入れ担当」署員(不在の場合は、ボランティア本部)に報告して下さい。
 
Ⅱ-5.【未登録の方】の参集
   原則として未登録者は受付けません。
但し、資格・特技・経験等を聞き「受入れ担当」署員(不在の場合は、ボランティア本部)に報告し、指示を仰いでください。(参集ボランティアが少ない場合、協力を要請する可能性があります。)
 
 ②→[認められた場合]
  ◎『参集者受付及びチーム編成名簿』の余白欄に記入を
お願いして下さい。
  ◎『ボランティア登録申請書』に自著をお願いして下さい。
  ◎Ⅱ-2-②の要領で『仮登録証』を発行し、仮の登録番号を「参集名簿」に記入して下さい。
 
   [認められない場合]
  感謝の意を表明し、丁重にお引き取りをお願いして下さい。
 
Ⅱ-6.【活動を中止し帰宅する者への対応】
★ボランティアから「参加中止」の申し出があった場合、これを承諾しなければなりません。
 
『参集者受付及びチーム編成名簿』の氏名欄の余白に赤色で
「中止」の文字と、「退去日時」を記入します。
 ★★参加を中止したボランティアが再び参加した場合は、新たに受付をし、『参集者受付及びチーム編成名簿』には「再受付」と記入します。
****************************************

Ⅱ-7.最初から3時間迄は、30分毎。それ以降は、1時間毎に「ボランティア本部」へ参集した人数を報告してください。
Ⅱ-8.休息、食事、仮眠等はスタッフそれぞれが協力して、手  隙の時間を見つけ交代でしてください。
Ⅱ-9.不明な点は「ボランティア本部」と相談してください。

参集マニュアル検討委員会(未承認):蒲消ボ事務局発案:検討課題

次へ »