2009.08.12

平常時から出来ること!

 災害時支援ボランティアは、大震災や大災害の時に自発的に参集することになっていますが、いつくるか分からない被害をまっているのではなく、平常時から訓練を重ねておくこと。活動する消防署管内の状況や地理を知っておくことは、重要だと思います。そして地域の方々に災害時支援ボランティアの存在をアピールしておくことも大切です。
 そんな思いから蒲田消防ボランティアの会は、創設されたわけです。今年で7年目に入りましたが、ブログで報告させていただいていますが、それでもなかなか思うようにはいきません。


 先日、某会合で某ソフトボール協会の役員の方々とお話しをする機会がありました。
 私たちは、ソフトボールをする選手や役員の皆さんに是非、災害時支援ボランティアの存在を知ってもらいたい。
 そしてソフトボールで鍛えた体と精神力、チームワークとリーダーシップを災害時に、私たちの仲間となって共に活動していただきた。と、お話ししました。
 
 また、ソフトボール大会の救護所に医師や看護師の方がいれば、その方のお手伝い。
 プロの方が不在ならば待機し、怪我人や急病人に対して救急車が到着するまでの間の応急救護を担当させてもらえないか。(応急手当普及員又は普通・上級救命講習認定者が、)それを対応をさせてもらえれば、大会役員もその分の人手を減らせます。そして当会は、災害時の対応を学ぶ実践的機会となることでしょう。
 怪我や急病を学ぶ機会と言っても、それは真剣に安全に対応しなければいけません。だから、大会期間中無事故が一番ですが、もしもの時に迅速に対応できるようにできたら、災害時にも自信をもって活動ができるのではないでしょうか。
 
 上記の協会さんは、検討してみるとの事でした。当会でも決議事項ではありませんが、今後の課題として役員会に提案していきます。
 

2009.08.11

5時07分 震度6弱!・・・ボランティア参集!

 今朝5時07分、静岡地方で震度6弱の地震がありました。私の自宅地域は、震度4でした。
二日前におきた震度4の地震の夢を見ているのかな・・・と、のんびりしていると大きな横揺れが続き、これは夢ではないぞ。と、飛び起き
固定してあるはずの小型タンスを押さえながら、もう片方の手でテレビのスイッチを入れました。

 テレビの画面を見ながら、こんなことを思い出していました。
 それは最近読んだ新聞の記事です。“ある観測データで2番目の長さを記録した。”という記事を読んだことを思い出していました。その観測記録2番目とは、『全国で震度5以上の地震が起きてから次の震度5以上の地震が来るまでの期間が観測史上2番目に入った。』と、いうことです。大きな地震がないのは、ありがたいです。でも、いつか必ずその記録を止める大きな地震が必ず起こるのですから、安心などしていられない。と、その記事には書いてありました。私もそう思っていました。今日の地震でその記録は、止まりました。

 それから会社に着くまで考えたことがありました。それは災害時支援ボランティアは、震度6弱の地震が発生したときに自分の命と家族の安否が確認でき、自分の体に異変などなく災害時支援ボランティアとして活動できると判断した場合には、自発的に消防署に参集することになっています。

 もし、我が家に震度4ではなく、震度6弱の地震が襲ってきたら私は消防署に参集するだろうか?
 タンスもテレビも固定してある。幸いケガもせず命の危険もなかった。妻も無事だった。母は、関西の姉の家に遊びに行って不在。
 さあ、災害時支援ボランティア参集用の服や靴、鞄は用意してある。

 ・・・・・・でも、私は中小企業の総務部長。
 ・・・会社は、どうなっているのか?社員の安否は?
 ・・・・取り敢えず今は、会社に行こうか?
 ・・・・それとも災害時支援ボランティアのコーディネータとして消防署に駆けつけボランティア本部を立ち上げるのに尽くすべきか?

「災害時支援ボランティアマニュアル」には、自分の命、家族の安否、周囲の人たちの安全。そして自発的に参集し活動できる体制が整ったら参集する。という感じです。それには義務も強制もありません。あくまでも自分の意志で参集すればいいのです。
災害の発生する季節や日時、今いる場所、今すべきことの状況。場面場面でいろいろな対応を考えておいたほうが、良いように思いました。

 最後に思い出したのは、“脳はブドウ糖”の株式会社オガサワラの小笠原社長が、自社製品に添付している東京大学の目黒教授が考案されたものがあります。それは発災時に如何に行動すべきかをイメージトレーニングする“目黒巻き”というものです。

 昨年、小笠原社長の“目黒巻き”講習会にて教わったことがあります。それを今後も、もっと真剣に学び何種類か作っておいて、次の大震災に如何に対応するかシミュレーションしておかなければいけない。と、強く思った次第です。

2009.08.09

年中無休! 自主『夜間訓練』 夏休み、なし。

 毎月第三木曜日は、蒲田消防署にて19時~50分間 当会自主『夜間訓練』。
 今月の訓練は、“救出・搬送”訓練です。

 ←本庁リーダー講習より『救出訓練』→        
(場所:東京消防庁消防学校)                        (場所:東京消防庁消防学校) 

  (最初の頃の夜間訓練の様子)→ ←毛布一枚で搬送する方法

 同日、20時からは1時間、当会主催『リーダー養成訓練』です。今月は、“組織・チーム・スタッフの任務”に関して学びます。
災害時支援ボランティアには、ボランティアのほかにリーダー、コーディネーターという役割があります。災害時に自発的に参集したボランティアは、『災害時支援ボランティアテキスト』に基づいて行動します。

 ←ボランティア本部立ち上げ→ 
(蒲田消防署主催 ボランティ講習より)                (蒲田消防署主催 ボランティ講習より)

 その行動は参集後、コーディネーターを中心に参集受付・災害受付・チーム編成などを行い、消防署の署隊本部からの指示によりリーダーを中心としたチームを出場させます。(コーディネーターが不在の時は、それをリーダーが代わりに行います。そのリーダーが不在のときには、ボランティアの互選でリーダーを決めて、これに代わります)。
 
 ←コーディネーターが、チームリーダーに指示を出している様子!
(蒲田消防署主催 ボランティ講習より)


 だから誰もが参集・災害受付、チーム編成を行えるように、組織・チーム・スタッフの役割を十分理解していただきたいと思います。この機会に、学んでみては如何でしょうか!
  (指導者の都合により事前のお知らせ等なしに、訓練内容が変更することもあります。その際は、ご容赦ください。)

2009.08.08

日頃の活動を防災に活かそう!



 本日、隣町の八幡神社の祭礼がありました。この神社の氏子地域の各町会や自治会では、それぞれの趣向でお祭りを盛り上げています。
 そのうちの某自治会さんには、昨年より自治会の防災会議に度々見学にお邪魔して、地域防災の在り方を学ばせてもらっています。
 その自治会さんの役員さん方は、“自分の村(地域)は、自分たちで守る”という熱い気持ちと団結力、行動力を感じさせます。そして防災会議では、数々の驚きと感動を覚えました。例えば、自治会が独自に作成したマニュアルがありました。それは会議のたびに担当者が研究して発表されます。その結果、消火器、発電機、トランシーバー、D級可搬ポンプ(ミニポンプ)の動かし方。地域内の防火水槽の位置確認、防災機材を防災資材置き場だけに置かず、自治会役員の自宅に配備していることなどが詳細に分かりやすくしてあります。(D級可搬ポンプは、役員全員が動かせるよう訓練をされています。)

 さらにこの自治会は、マニュアルだけにとどまらず、トランシーバーなどの災害時に必要となる機材を日頃の自治会活動(清掃、廃品回収、交通整理、パトロールなど)に使用し、いつ災害が発生しても慌てずに、初動態勢を迅速にできるように活動しています。だから、この自治会の防災訓練に支援活動として参加すると自治会役員のみならず、地域の方々の真剣さが伝わってきます。

(別の町会さんでは、年一回の防災訓練の時だけ、倉庫の奥から防災機材を出してきて訓練を行い、訓練終了と同時に機材を倉庫の奥深くにしまっているのを見かけます。イベントとしては良くても災害時には役に立ちません。)

 先日、この自治会の役員さんから「8月8・9日にお祭りがあるから、是非自治会の神酒所に来て!」と言われ先ほどお邪魔してきました。自治会長さんをはじめ、自治会役員さんから歓待を受けました。神酒所横にはテントがあって、そこでお酒とお料理をいただきました。その美味しいかったこと。
  ←祭礼2日間の献立表  ←調理風景

 そのお料理のすべてを婦人部長と婦人部の方々が、そのテント横に設営されたコンロにガスボンベを繋げ、大型ガス炊飯器でご飯を炊いて赤飯、おにぎり。鍋に油を入れて揚げ物。(詳細は、写真をご覧ください。お祭りの一日三回二日間分の食事を用意されるそうです。)婦人部長は、「神酒所と町内会館が離れているので、ここ(神酒所)で作るしかない。」と言われました。しかし、婦人部長就任後、十二年間このスタイルでやっているとのことでした。このスタイルは、大災害時に炊き出しをするときに慌てず迅速に対応ができると思います。
←手前の鍋は、ワカメスープ。中間は、揚げ物です。

 災害時には、誰もが被災します。すぐに町内会館に自治会役員が全員が参集できるとは限りません。一部の自治会役員が集まってきたとき、『何が、どこにあるか。』『どれを、どう使えば良いか。』を自治会役員が知っていれば、周りの人を使って、ガスボンベを取り出し、コンロを作り、湯を沸かすことができます。

これって簡単なことのように思われるかもしれませんが、そうでしょうか?
年に1回の防災訓練時にはできますか。訓練だったら出来るかも知れません。でも、実際の災害時に、出来ますか?
 ←大型ガス炊飯器とガスボンベ

「ところで、コンロを組み立てたことありますか?」
「ガスボンベが、あっても管を繋げます?」
「最近は、各ご家庭でガス炊飯器を使っている方をあまり見かけませんが、ガス炊飯器って使ったことありますか?」
「発電機があれば電気炊飯器や電子レンジも使えます。発電機を備えていますか?」

 当然、災害がいつ発生するかは、分かりません。だから下ごしらえなどできませんが、ガスボンベとお釜、ガス炊飯器があって、手製のコンロを作ることができれば、すぐにお湯を沸かせます。そうすれば非常用の備蓄米を配布することができます。お粥やミルクを用意することもできます。非常米に頼らずとも、米さえあればここで炊けます。

 蒲田消防ボランティアの会発足から6年間に多くの町会自治会マンション管理組合等の防災訓練に支援参加をさせていただきましたが、訓練の大半は救助・救命・消火の三本柱です。それに非常食の配食訓練として、区の試食用非常食(期限が近い非常食)をいただいたことがあります。このほか、他所の町会さんでは、豚汁をごちそうになったことがありましたが、防災訓練の現場で調理する調理訓練ではなく、町内会館で調理したものを出してくださいました。それはそれで良いのですが、防災訓練の時には、災害時に限られた機材と物資で非常食を作り配食できるかどうか、訓練をされることをお勧めします。
 下の写真は、上記某自治会の防災訓練の様子です。                                  (記事・写真・・・K)
      
                  ←某自治会防災訓練より→