« 5時07分 震度6弱!・・・ボランティア参集! | 生の“緊急地震速報”を初めて聞きました! »

2009.08.12

平常時から出来ること!

 災害時支援ボランティアは、大震災や大災害の時に自発的に参集することになっていますが、いつくるか分からない被害をまっているのではなく、平常時から訓練を重ねておくこと。活動する消防署管内の状況や地理を知っておくことは、重要だと思います。そして地域の方々に災害時支援ボランティアの存在をアピールしておくことも大切です。
 そんな思いから蒲田消防ボランティアの会は、創設されたわけです。今年で7年目に入りましたが、ブログで報告させていただいていますが、それでもなかなか思うようにはいきません。


 先日、某会合で某ソフトボール協会の役員の方々とお話しをする機会がありました。
 私たちは、ソフトボールをする選手や役員の皆さんに是非、災害時支援ボランティアの存在を知ってもらいたい。
 そしてソフトボールで鍛えた体と精神力、チームワークとリーダーシップを災害時に、私たちの仲間となって共に活動していただきた。と、お話ししました。
 
 また、ソフトボール大会の救護所に医師や看護師の方がいれば、その方のお手伝い。
 プロの方が不在ならば待機し、怪我人や急病人に対して救急車が到着するまでの間の応急救護を担当させてもらえないか。(応急手当普及員又は普通・上級救命講習認定者が、)それを対応をさせてもらえれば、大会役員もその分の人手を減らせます。そして当会は、災害時の対応を学ぶ実践的機会となることでしょう。
 怪我や急病を学ぶ機会と言っても、それは真剣に安全に対応しなければいけません。だから、大会期間中無事故が一番ですが、もしもの時に迅速に対応できるようにできたら、災害時にも自信をもって活動ができるのではないでしょうか。
 
 上記の協会さんは、検討してみるとの事でした。当会でも決議事項ではありませんが、今後の課題として役員会に提案していきます。
 

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

コメントはまだありません。

コメント