« 生の“緊急地震速報”を初めて聞きました! | 見学・体験大歓迎、一緒に訓練をしましょう! »

2009.09.04

災害時支援ボランティア活動優良者表彰式

今年の受賞者は、蒲田消防ボランティアの会発案者の一人で、当会本部員(監査)のMボランティア(以下、M氏)が受賞しました。M氏、仕事の都合で消防署での授賞式に参加することができませんでした。そこで蒲田消防署の署長田中道高消防監のご厚意で、署長自らM氏の経営する喫茶店に出向き、店内での表彰式が実現しました。

本日、11時から店内で表彰式を実施することになり、当会会長、事務局長、支部長の3名(以下、当会役員)が署長のお越しを店内で待ちました。署長を待つ間、私たちは私服でその時を待ちました。

店内は、遅めのモーニングタイムに重なり常連客で満席状態。常連客の皆さんには、表彰式があることは伏せられていました。だから常連客の皆さんは相席をして食事をしたり、歓談をして何がおこるかその時をお待ちいただきました。

そこへ蒲田消防署長とボランティア担当係長が、制服姿で店内に入ってこられました。これに対し、M氏と当会役員は災害時支援ボランティアの制服を着用しお迎えしました。

そして事務局長が、店内のお客様に向かって「ご歓談中のところ恐れ入りますが、本日このお店の店長でありますMさんが、蒲田消防署の災害時支援ボランティアの中で、優良者と認められ表彰されることになりました。今、蒲田消防署の署長がお見えになりました。これからこちらで表彰式を開催させていただきます。どうか皆様もご一緒に祝福してください。」と、式の開会を宣言しました。
 
表彰式は、(写真左)署長が感謝状を読み上げ、厳粛に行われた。その後、M氏は、店の常連客に向かって「住宅用火災警報器を取り付けましょう。」と、照れながら言いました。それに対し、署長からは、「東京消防庁では、住宅用火災警報器の取り付けを推し進めています。」「それからこれを機会に、災害時支援ボランティアに入ってください。」と、笑顔で語りかけてくださいました。

   
←(左:蒲田消防署署長 / 右:M氏)→

昨年の表彰式は、蒲田消防署の防災教室に紅白幕を張り、コーディネータ1名、リーダー6名、ボランティア2名の計9名が受賞しました。(詳しくは、昨年のブロクを参照してください)。

・・・でも今回の表彰式は、それに以上に素晴らしい表彰式となりました。それは今回、署長と係長がご多忙中にも拘わらずM氏の店に感謝状をご持参くださり、その場で表彰式を開催してくださったことです。
そしてお店の常連客の皆さんが共に祝福してくださいました。また、表彰式後、署長と間近で懇談できたました。

懇談の中で、署長から「11月の蒲田消防署管内の総合防災訓練には、都立六郷工科高校、蒲田女子高校の生徒さんにも参加してもらう予定。」「まだ序々ですが、中学校にD級可搬ポンプを配置し、中学生にその操作方法を教えたりしている。」との事でした。
それに対し当会は、「中学校の授業やクラブ活動で、防災活動をする際は、お手伝いをしたい。そして私たちの活動を中学生に理解してもらいたい。また、卒業後は、災害時支援ボランティアに入るよう消防署から紹介をしていただきたい。」などと、お願いをしました。

M氏からは、「災害時支援ボランティアは、実際の災害時に消防職員や消防団員の邪魔にならない存在でなければいけない。」と、話しました。それに対し署長は、「そのために訓練に励んでいるのだから、それは大丈夫です。」と仰られていました。
さらに今後の総合訓練などでは、災害時支援ボランティアに情報収集訓練と図上訓練を合わせた訓練を実施し、災害時へのイメージ訓練も行っていきたい旨を話されました。

M氏をはじめ参加役員は、表彰式と署長との懇談に感謝し感激した次第です。



注:今回の記事は、M氏の店名・氏名を伏せました。但し顔写真は、本人の了解を得てそのまま表示いたしました。

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

【トラックバック/ピンバック】

[...] 『災害時支援ボランティア活動優良者表彰式 』←(左の『』内をクリックすると当時の記事にリンクします。) [...]


【コメント】

コメント