« 大田区内消防団合同点検!見学歓迎!! | 知ってますか? 防災運動会!! »

2009.10.20

マンション管理セミナーにて!

10月18日の午後、大田区立消費者生活センターで行われた大田区マンション管理士協議会主催の“マンション管理セミナー”に行ってきました。それは蒲田消防ボランティアの会会員で、マンション管理士M氏の薦めでした。私もマンションに20年近く住み、過去にはマンション管理組合の理事長も経験しています。今は、管理組合の防火管理者をしています。

このセミナーは、“事例に学ぶ大規模修繕の進め方”という内容でした。私のマンションは、既に昨年大規模修繕を済ませましたので、その時の事を思い出しながら話を伺いました。とても分かりやすく、次回の大規模修繕の参考にしようと思います。

セミナー終了後の10分間、蒲田消防署の災害時支援ボランティア担当のN係長が、マンションにも設置義務がある

“住宅用火災警報器(住警器)”を黒板や模型、見本を使って説明されました。
N係長は、このセミナー会場での説明前に、同センター内で行われていた“おもちゃ病院”でも同様の説明をされたそうです。
この“おもちゃ病院”の“おもちゃドクター”は、無償で壊れたおもちゃを直してくれるボランティア活動です。
“おもちゃドクター”の一人であるS氏蒲田消防ボランティアの会員です。

蒲田消防署災害時支援ボランティア担当歴代係長・主任は、蒲田消防ボランティアの会結成以来、ご自身で指導してくださることもあります。東京国際消防展や出初め式へ付き添ってくださった方もいらっしゃいました。皆さんは、当会を理解してくださり協力、指導を惜しみなくしてくださいました。
そして現在の担当係長N消防司令は、当会結成7年目に災害時支援ボランティアを担当されました。
就任早々の話し合った時には、あまり当会を理解できなかったようですが、その後、本庁のリーダー講習を見学し、池上先生の懇談会、リーダー養成訓練を実現し、当会役員との懇親会にも積極的に参加され当会の発展に寄与してくださっています。また、当会が参加する署外訓練には、休日でも殆ど付き添ってくださっています。そして住警器の設置推進にも熱心な方です。

当会としても、出来る限りの恩返しがしたく上記の様な会合があるときは、主催者にお願いをして時間をいただき、N係長をお招きして住警器の説明をしていただいたおります。

蒲田消防署管内で人が大勢集まるところがあれば、このように模型持参で説明に来てくれるそうです。
ご希望の方は、蒲田消防署にお問い合わせください。

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

コメントはまだありません。

コメント