« マンション管理セミナーにて! | 大田区4署ボランティア交換会 »

2009.10.21

知ってますか? 防災運動会!!

マンション管理セミナーの帰り、一人自転車で他所の町会をのんびり走ってみました。すると隣町の町会掲示板に防災訓練のポスターが、貼ってありました。
 左の絵入りのポスターは、大田区が各町会防災訓練用に配布している「わが町の防災訓練」というポスターです。だから気にも止めずに通り過ぎようとしました。が、下のチラシを読んで、目が釘つけになりました。

『防災運動会』?
                                      
プログラム
1,紅白チーム対抗バケツリレー・・・紅白に分かれてドラム缶に(水を)貯める
2,パン(非常食)食い競走・・・・・・・個人競走  10組
3,担架搬送・・・・・・・・・・・・・・・・・・ボールを乗せてリレー
4,車椅子リレー・・・・・・・・・・・・・・・・自力運転リレー
5,スプーン競走・6,紅白玉入れ・7,紅白綱引き
8,消火隊放水
9,炊き出し訓練・・・・・・・・・・・・・・・カレーライス及び非常食全員配布
10,特別賞発表・・・・・・・・・・・・・・・会長より独断で5名様
(以上、防災運動会チラシより)

阪神淡路大震災直後は、どこの防災訓練も大勢の方が参加されました。ところが、昨今の防災訓練は30年以内に震度7の大地震が起きる確率が70%と言われても参加者が減少して、参加者を呼び込むのに苦労している状況です。また、参加者の高齢化も進んでいます。

もし、平日昼間に大地震が起きたら、20代以上の社会人や学生は、職場や学校に行っていて救助の即戦力にはなりません。即戦力になるのは、自宅近所の学校に通う中高生たちです。彼らを有効に活かせれば、頼もしい地域防災力になるでしょう。

防災訓練のやり方は、いろいろあります。日常には、起きない非日常時をどのように乗り越えるかを学び、いざという時に体が瞬時に反応するように訓練しておくことが大切です。そのためには、真面目な訓練を繰り返すことも必要ですが、笑いを交えて説明したり、実際に楽しみながら体験させたりすることも大切でしょう。

是非、上記の町会の防災訓練を見学したいと思います。
ところが、当日は所用で見学に行けないかもしれません。
その町会の方で訓練に参加する方。あるいは、見学する方は、様子を教えてください。
また、同様の防災訓練を体験されたことのある方も、お話聞かせてください。

・・・・・・プログラム10番「会長より独断で5名様に」下さる特別賞とは、どんなものでしょうか?
それだけでも知りたいです。


トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

コメントはまだありません。

コメント