« 父から最後に学んだこと! | 11月19日自主夜間訓練『三角巾』 »

2009.11.30

糀谷地区一斉防災訓練 見学!

11月29日9時から大田区の糀谷地区10町会・自治会で一斉に防災訓練が実施されました。
昨年の防災公園を使用した総合防災訓練と違い、各町会自治会が単一で一斉に訓練を行いました。
10町会自治会のうち、本日は5町会を順に回って訓練を見学してきました。

各町会により訓練会場の広さや規模が違います。それに参加人数なども違います。ただ、“自分たちの町は自分たちで守ろう”。“大震災・災害時いは、公助は急には来てくれないので、自助・共助が大切だ!”・・・という思いが感じられる訓練でした。

見学させてくださいました各町会で、私が特に気になりました点を紹介します。

★西糀谷一丁目町会
←町内会館を煙ハウスとして使用。テントの煙ハウスと違い、臨場感がありました。

町内会館の煙ハウス内部写真→←内部は、段ボールで仕切られ順路はあるが、周囲に調度品があって
火災現場を避難しているような気がします。

←防火水槽に可搬式ポンプの吸管を入れています。(水を取りながら、人が落ちないように蓋をして囲いがしてあります。)



★西糀谷三丁目町会
C級可搬式ポンプ →         
  D級可搬式ポンプ→
              (旧式を買取整備して、町内の各地区の公園に配置し、災害時の火災に備えています。)

防災訓練会場には、お手製の大地震年表が貼られていた。

←上記の掲示板だけでなく、大地震の被害写真を首からさげ訓練会場内を回り、
訓練をする参加者に直接災害の教訓を語りかける係の方がいらっしゃいました。

★西糀谷四丁目町会
てんぷら火災消火訓練→←ボランティア担当N係長(右から二人目)が、説明。・・・「少量の水でも、火柱が上がる。決して油火災には慌てて水をかけないように!!」

女性ミニポンプ隊によるD級可搬式ポンプ操法→ 
(防火水槽使用時に人の落下を避けるために町会役員が手製で作った専用蓋。)

★東糀谷一・二町会、東糀谷三・四・五・六町会

(西糀谷1 → 4 → 3 → (2) → 東糀谷小学校へ。自宅が六郷地区なので土地勘が殆どなく大田区の地図と道行く方に教えていただきながら、自転車で糀谷の町を全力疾走してきました。 )
 ←こちらの町会は、9時から避難訓練、発災型訓練(発災対応型?)、東糀谷小学校で煙ハウスを体験後に体育館で防災ビデオを30分観賞。その後も訓練は続くようでした。この後、上記の西糀谷四丁目町会の油火災訓練を見学するため、猛ダッシュで戻りました。

このほかにも、町会独自の防災アイデアや訓練の仕方があり学ぶことの多い有意義な見学でした。今後、災害時支援ボランティアとして参加出来ない場合でも、出来るかり各地の防災訓練を見学して、多くの智恵を学び活かしていきたいと思います。
本日突然、お邪魔させてくださいました各町会の役員と住民の皆様に、この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。

************************************************************************************************************************

昨年の合同防災訓練では、消防署のほか消防団、警察署、大田区、自衛隊、ライフライン関係会社などが展示訓練を行いました。災害時支援ボランティアも救助救出訓練をさせていただきました。また、地元の市民消火隊の方々が、一斉放水をされ、あいにくの雨の中でも、とても盛り上がりました。

ただ、一般住民にとっては如何だったのでしょうか。
これだけ多くの“公助”が、一同に介するような光景を間近でみれば、「大災害時に通常のように救急車や消防車が呼んでもすぐには助けに来れません。」「だから“自助・供助”が必要です。」と、言っても信じられるでしょうか。

各町会の役員さん方も、防災訓練の準備・進行・後片付けなど大変なご苦労をされています。
それに報いるためにも多くの町会内の住民に参加していただきたいと思います。

大災害では、同時多発的に火災やけが人が発生する可能性があります。消防署も消防団員も多くの“公助”の立場の人も同時に被災するのです。だから“公助”の体制が整うまでは、“自助”“共助”でその難局を乗り切らなければなりません。それが“自助”“共助”の必要性と必然性だと思います。

災害時支援ボランティアは、大地震大災害発生時に消防署の指示下で消防職員・消防団員の後方支援として現場に入ります。必ずどこかの町会のお手伝いをすると決まっているわけではありません。
それでも平常時から各種の防災訓練にお邪魔し、訓練のお手伝いをすることで町会の役員さんや地域の方に災害時支援ボランティをご理解いただきたいと思います。もし、災害時に私たちがその地域で活動する時、知らない他所者より顔見知りの方が、互いに協力しやすいと思います。それと同時に、地域の構造的特色や道順を知ることは、活動が迅速に進むと思います。

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

【トラックバック/ピンバック】

[...] 詳細は、右をクリック!→糀谷地区一斉防災訓練 見学! [...]


【コメント】

コメント