« 糀谷地区一斉防災訓練 見学! | 11月19日 リーダー養成訓練 『基本結索』 »

2009.12.03

11月19日自主夜間訓練『三角巾』


今晩の夜間訓練は、『三角巾』。三角巾には、捻挫・骨折を固定する方法、火傷による感染を防ぐ方法、止血のための方法などがあります。今回は、そのうちの“固定法”を訓練しました。

1, 腕を骨折した場合
三角巾1枚で腕を吊ります。→←三角巾が2枚あれば、吊った腕がブラブラしないように体に固定します。


2, 足首から下を捻挫・骨折した場合。

実際は、靴の上から三角巾を巻きます。→ ←靴が固定材の役割をしてくれます。

3, おまけ “ロープ結索”
   ① もやい結び・・・もやい結びは、最初の動作(ロープの端末を重ねるところ)が、寿司の握り方に似ていることから、「ヘイ!お待ち!!」と叫びながら手を反す人がいました。それから、もやい結びの訓練ごとに「ヘイ!お待ち!」「ヘイ!お待ち!」と連呼する輩がいて、賑やかな訓練になっています。
    
   ② 本結び
     柔道の結び方と同じなので、自分に対してするのは簡単ですが、人にして差し上げると“縦結び”になってしまいます。指導者のコーディネーターからは、「君は、何年ボランティアやってんの?コーディネーターでしょ!」と苦笑されています。
     

  本結びの訓練→ 


★10月25日大田区消防団合同点検の時、共に活動した矢口消防署の災害時支援ボランティアのコーディネータで、 “STRAP” の方が、お約束通り“抜き打ち”で自主夜間訓練に見学に来てくださいました。上記三枚の写真、紺色の帽子の方が、“STRAP”のSリーダーです。矢口消防署の“STRAP”の皆さんは、毎月第二木曜日19時から矢口消防署内で訓練をされています。(詳細は、矢口消防署HPを参照してください。)
当会も近い将来、“STRAP”の訓練を見学に行きたいと思います。“STRAP”の訓練日は、当会の役員会の日なので役員会全員で見学させてもらえればありがたいのですが・・・・・・・・・・・・「矢口さん、如何でしょうか?」


トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

【トラックバック/ピンバック】

[...] 2009年11月のロープ訓練の様子→11月19日自主夜間訓練『三角巾』  [...]


【コメント】

コメント