« マンション・集合住宅の防災訓練考① | マンション・集合住宅の防災訓練考③ »

2009.12.06

マンション・集合住宅の防災訓練考②

今回は、ベランダに荷物を大量に置いておくと火災時に上下階に延焼する危険性があることを実証する実験の写真を掲載。これは、平成16年 3月13日の旧萩中団地での火災実験の写真。実際に目にして、その恐怖を実感した貴重な写真です。尚、着火から消火までの時間は、約1分強と非常に短い時間でした。条件が揃えば、短時間に延焼することを知ってください。
(この条件=状況は、通常よく目にする光景とです。充分気をつけたいものです。)
       
   
↑1階ベランダの荷物に着火。↑荷物に火が回ります。↑荷物の炎が、ベランダの洗濯物に延焼。


 
↑ベランダの荷物の火が、上階の布団に燃え移り、上階の部屋まで延焼していきます。

   
↑火勢が強くなって危険なので、ベランダから落ちる火を消火しています。これが、上階なら下の階にも延焼します。

←旧萩中団地、周辺町会、消防団、災害時支援ボランティアの見守る中、消防隊が消火して実験は終了。ベランダに可燃物を大量に放置すると、火災時に上下の階に延焼する可能性が高いことが実証されました。また、ベランダは、避難路でもあるので、余計なものは極力置いておかないようにしなければいけません。
(実験のため、2階から上階への延焼を防ぐカバーがしてあります。もし、このカバーがなければ、さらに上階へ延焼する可能性があります。)


 

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

コメントはまだありません。

コメント