« マンション・集合住宅の防災訓練考⑤ | チームとして身につけたいこと! »

2009.12.15

矢口消防署“STRAP”より、ご招待がありました!

先月の当会夜間訓練に飛び入り参加された矢口消防署災害時支援ボランティアのグループ“STRAP”のコーディネータS氏より先日電話がありました。“STRAP”のメンバーと話し合った結果、「来年、4月以降なら、見学に来てほしい。交流をしよう。」と、うれしい電話がありました。

矢口消防署の“STRAP”訓練日は、毎月第二木曜日。その日は、毎月当会の役員会の日。折角、殆どの役員が集まる日だから、揃って矢口消防署に見学に伺おう。と、会長・副会長と話していた矢先の出来事でした。

大地震の場合は、他所の消防署の応援に行くことは殆どないと思います。しかし、大災害時には、応援の可能性が大いにあります。
矢口消防署管内と蒲田消防署管内は、JR東海道線、京浜東北線によって西と東に分かれています。もし、鉄道の脱線事故などがあれば西と東から互いに力を合わせて支援活動を行う可能性があります。

災害時支援ボランティアは、東京消防庁16,000名同じ制服を着ています。当然、仲間であります。でも、顔も名前も知らない初対面では、やりずらいこともあるでしょう。

だから、出来ることなら各消防署ごとに東西南北の消防署ごとに親睦や協力など2署合同訓練などをされたら良いと思います。
大田区には、田園調布・大森・矢口・蒲田消防署があります。過去何回かは、合同で訓練を行ってきましたが、あまりにも大がかりで、
個人レベルの交流は皆無でした。

2署ぐらいで交流を始め、それを徐々に広げていけば次第に顔と名前の知れた仲間が増えてくると思います。
災害時支援ボランティアとしての悩みや苦労も分かち合えると思います。共に協力して募集活動など出来るでしょう。情報交換も活発に出来るかも知れません。

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

【トラックバック/ピンバック】

[...] 矢口消防署“STRAP”より、ご招待がありました! [...]


【コメント】

コメント