« 2010年度 第1回(自主)夜間訓練 | 今期活動方針案を掲載! »

2010.04.20

リーダー養成訓練 “規律訓練”


p41544304

当会が出来る以前の消防演習でこんなことがありました!?
その日は、消防職員・消防団員・地域市民消火隊など多くの防災関係の方々と共に30数名の災害時支援ボランティアが演習を行いました。その後、蒲田消防署署長・蒲田消防団団長から講評を戴く時のこと、整列して「頭中!」と号令が出た時、消防職員、消防団員、市民消火隊隊員は、皆揃って号令に従いましたが、災害時支援ボランティアは、バラバラな方向に顔を向けていました。

・・・・・それから何年か経って当会設立後、消防署に相談して消防演習前に参集した10数名に簡単な規律訓練を実施していただきました。その足で訓練現場指揮所の大隊長に、災害時支援ボランティアのコーディネータが号令をかけ整列し、参集人員報告をしました。・・・・・ほんの少しですが、周囲の人たちが、私たち(災害時支援ボランティア)への見方が変わった気がしました。

・・・・・しかし、その後は実施されませんでした。p41544305

昨年のリーダー養成訓練では、訓練の前後に規律訓練を実施しましたが、それでは毎月の訓練の時間が減ってしまいました。

今年度は、第1回4月の訓練内容を「規律訓練」として、そこで集中的に訓練をしました。
5月に総会を実施。6月以降の訓練では、訓練開始終了時に当会役員が、号令をかけ指導者に対し、規律ある挨拶を行うことになりました。


  p41544413 ←(着帽している前提での訓練です。)

★規律訓練の必要性とは・・・★
「災害現場で、チームの意見が割れては支障をきたします。また、現場で意見が割れているところを被災者に見られては、誰もそのチームの言うことを信用してくれません。それよりも現場で整列し、指揮者(リーダー)の指示により整列し、チームが一つになって行動する姿を周囲の人に見せることで、被災者の方々から信用され、さらに協力者を得ることも出来るようになるものです。」
(4月「規律訓練」にてM大隊長より)

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

コメントはまだありません。

コメント