« 品川区合同水防訓練 見学 | 祝[webside.jp]リニューアル »

2010.06.12

萩中町会発災型対応訓練等支援活動!

6月20日 大田区萩中町会にて、発災対応型訓練と集合型防災訓練が実施されます。

発災型対応訓練は、地域内で同時多発的に大地震により災害が同時に多発し、それに対し住民が如何に減災に努めるかの訓練です。だから、ここで詳細を語るわけにはいきません。

今回は、災害時支援ボランティアが担当する役割は、従来蒲田消防団が担当されていたことです。
ところが、今年は蒲田消防団の操法大会と日程が重なり、蒲田消防団の手伝いが受けられない蒲田消防署は、その任務を私たち蒲田消防ボランティアの会所属の災害時支援ボランティアに依頼されました。
例年、蒲田消防団が担ってきた役割を災害時支援ボランティアがさせていただけることに、責任と誇りを持って事に当たろうと思います。

★訓練実施日時
6月20日(日)
 7時30分~12時00分(災害時支援ボランティアは、8時30分~)

★訓練内容
発災対応型訓練…萩中町会6ヶ所にて実施(場所は、ナイショ!)
            ボランティアの任務 : 誘導と安全管理、記録用写真撮影

集合型防災訓練…出雲中学(本羽田3-4-15)
            訓練誘導・資機材準備等。

★ボランティアの編成
ボランティアは、各2~3名を配置

☆当会(蒲消ボ)では、署内外の訓練に支援参加する場合の心得として、訓練の最初から最後まで、支援活動の訓練として活動します。

集合後は、蒲消ボ独自で災害時支援ボランティアとしてコーディネータを中心に参集訓練、チーム編成訓練、訓練箇所確認訓練を実施。
今回のチームは2~3名程度ですが、必ずチームリーダーを選任します。チームリーダーは、チーム発足から解散まで、チームのリーダーと安全管理者を兼務し、活動します。
集合場所である蒲田消防署または出張所に帰署(帰所)後は、チームリーダーは、チーム員の体調などや任務の結果を確認しコーディネーターに報告。
コーディネータは、結果を集計し蒲田消防署署隊本部(出張所所長)に報告し、署隊長あるいは責任者からの挨拶を受けて解散します。
・・・このように防災訓練の支援(お手伝い)でも、当会では極力実際の災害時を想定して、自分たちがすべき事は自分たちで行えるよう独自の訓練を重ねて実施するようにしています。


白いヘルメット、黄色とオレンジ色のチョッキを着て、活動しているます。
近くにご用の方は、ご見学にお立ち寄りください。

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

コメントはまだありません。

コメント