« 会報『蒲消ボ』を読んで!・・・その1 | 失敗から学ぶ訓練! »

2010.07.17

東京臨海防災公園!

7月1日 東京都江東区有明三丁目(りんかい線有明駅・ゆりかもめ有明駅下車/癌研有明病院隣)に『東京臨海広域防災公園(有明の丘基幹的広域防災拠点施設)』という公園が開園しました。

(以下、東京臨海防災公園ホームページ http://www.ktr.mlit.go.jp/showa/tokyorinkai/index.htm より抜粋です。)

東京23区内で震度6強の地震があり、激甚な被害が発生していると認められた場合に 閣議決定にて首相官邸内に緊急災害対策本部が設置されます。そしてこの有明の丘基幹的広域防災拠点施設に災害現地対策本部が設置されます。この施設は内閣府が管理する「防災施設」です

この東京臨海防災公園(有明の丘基幹的広域防災拠点施設)の本部棟内には国土交通省が管理する、防災体験学習施設があります。ここは学習施設・体験施設に分かれ体験施設には“東京直下72h TOUR”という体験ツアーがあります・・・・・・・“組織的な救助活動がおこなわれるのは、地震発生のおよそ72時間後と言われています。では救助が困難なその72時間を生き残るためにどうするか。首都直下地震の発災から避難までの一連の流れを体験できるツアー・・・・・。
 

以上は、ホームページからの抜粋です。まだ、見学に行っていません。それもそのはず、私は東京法規出版さんが発行された『bside7月号』を拝読して初めてその存在を知りました。

 

東京消防庁災害時支援ボランティアとして身近に、直下型の地震に対応するすべを学び訓練できる施設が出来たことは、喜ばしいことです。そしていつか起こる大地震に直面したときに、その場所にそれがあることを確認しておくことは、必要と思います。上記に、『組織的な救助活動がおこなわれるのは、地震発生後およそ72時間後』とあります。しかし、生き埋めになった人の生存率は、72時間後から急激に下落すると言われています。直下型地震でも生き残り、家族を守り、そして多くの人たちを助けるために、この施設で学びたいと思います。

 

『東京臨海広域防災公園(有明の丘基幹的広域防災拠点施設)』

・・・でも出来ることなら、この公園と施設は訓練として使用するだけであってほしい。実際に使われることの無いことを願います。もし、使用されることがあってもそれが最小限であることを切に願います。

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

【トラックバック/ピンバック】

[...] 東京臨海防災公園! ←詳細は、左の文字をクリックしてください。 [...]


【コメント】

コメント