2010.09.17

9月の訓練 C.P.R.(心肺蘇生法)

今週の夜間訓練は、“古着持参!”

p9164791
今回の訓練は、参加者が持参した古着をC.P.R.用の人形に着せ、

p9164802

C.P.R.を実施。その後、AEDが届きました。

p9164806 p9164807 p9164808

AEDが届いたので、上着は素手で服を引っ張ってボタンを剥いで脱がせました。下着は、素手では捲り上げられない(想定)のでAEDの添付品からハサミを取り出し、下着を切り裂きました。

p9164797

実際のAEDには、添付品としてハサミ・ひげ剃り・ひげ剃りクリーム・汗取りタオルなどが入っています。AEDの講習会等では、「服を切ったり、胸毛を剃ったりする。」と、教わっています。
しかし、講習会や訓練でそれら添付品を見ことはありません。

もし、現場でAED使用する際に、服が脱がせなかったらハサミで切りましょう。                さあ、落ち着いて切れますか?


胸毛の毛深い方には、AEDのパットが付きづらく、通電しにくいので、ひげ剃りで剃ると良い。と、教わります。しかし、髭そりクリームをつけて、胸毛を剃る時間も惜しいです。だから『実際には、AED予備パットを体に貼り、思いっきり剥がすと胸毛は取れるので、ひげ剃りは使わないほうが良い。』と、教わりました。最近では、胸毛を剥がし専用パットも同封されている添付品あります。

しかし、脱がせ難いコート、ジャンバー、肌着をAED用のハサミで切り裂く可能性はあると思います。
そこで、当会にて上記写真『AED模擬添付品』作り訓練することに致しました。(尚、全て100円ショップにて購入)。ハサミは、包帯やテーピング用で先端が丸く肌に刺さらないようにできています。

 p9164799

C.P.R.を施してる最中にAEDが届き、それを装着する訓練は何度も繰り返してきました。また、C.P.R.用の人形に古着を着せたこともありました。しかし、古着を切ったことはありませんでした。

p9164816

訓練には、流れがあります。途中に一つ(服を切り裂くことが)増えただけで、こんなに緊張するとは、思いませんでした。

p9164815

救急隊員の方でも、実際に服を切り裂くケースは、あまりないそうです。しかし、AEDの添付品にはハサミや髭そり、汗ふきタオル入っています。だから、もしもの時に慌てず、それが何であり、何のために、どのように使用するものか理解し使えるようになっておくことも必要と思います。

最後に、今回指導してくださいました救急隊員のI消防副士長は、「AEDの添付品としてだけでなく、日頃よりハサミを(救急用に)持ち歩いていると良い。もし、災害で足を負傷して靴が脱げなくなったときなど、靴を切り裂いき、靴を脱がすことができる。それ以外にも用途は、多い。」と、仰られました。また、別の署員の方は、「ハサミを使用する際には、要救護者の体に傷が付かないように十分気をつけることが、重要だ。」とも仰られた。

最後に、会員から服を切る方法として色々考えられるが、服を摘まみ上げて、摘まんだ先を切り、その周りをいき良いよく両方に引くと引き裂きやすいようだ。との意見もでた。今後、この訓練を継続的に実施することに決めた。また、より実戦的な訓練も募集して、技術の向上に努めることにした。

今回の訓練参加者は、コーディネータ2名。リーダー3名。ボランティア2。


2010.09.13

失敗から学ぶ訓練!③(発災対応型訓練)

失敗から学ぶ訓練!②で紹介した某町会では今年も発災対応型訓練を実施するため、某町会役員向け説明会を実施した。説明会に際し、区の特別出張所所長と最寄りの消防署を呼んで、指導を受けました。その際の話をメモしたので下記に記します。

★以下の写真2枚は、萩中地区5町会 発災対応型訓練の様子

p62046431

↑カーフライヤーに点火した消防隊員

p6204645

↑消火器で火災を消す町民(訓練)

 

 始めに、区○○特別出張所長が、「5年前の話ですが『今後30年間で直下型或いは関東大震災クラスの地震が起きる可能性は、7080%』と、言われた。それは後、25年以内になりました。」 

次に消防署警防課○○課長は、最初にクイズを出されました。

「通常の火災で、119番通報をすると消防車は、何台来るでしょう?」

「・・・答えは、10~13台です。ポンプ車のほかに、はしご車、司令車、救急車などがあります。」

しかし震災時には、同時多発的に火災が発生しますから、消防車は1か所に1台しか来られません。消防署の前が渋滞になって、消防車が出動できなくなる可能性もあります。また、消火栓が破裂して使用不能になる可能性もあります。だから、その時は町の人が火事を消してください。」

「平成7年1月17日の阪神淡路大震災時に阪神の△△町では、町内40か所で火災が発生、住民のバケツリレーと消火器で全て消しました。それだけ住民パワーが強かったことになります。」

「平成10年向島消防署管内で発災対応型訓練を実施。これは防災トレーニングです。同時にあちらこちらで火災やけが人を出して、住民がどれだけできるかをトレーニングするものでした。」

「昨年、ここ某町会では、3か所火災(初期消火)。一ヶ所拡大火災。一ヶ所倒壊家屋という想定で訓練を実施しました。初期消火の3カ所の火災は、カーフライヤー(発煙筒)を使用しました。カーフライヤーは5分以上、火と煙がでます。カーフライヤーの前に3分以内に消火器が3本。5分以内に消火器が5本集まれば、火が消えたことにします。本来、どこに消火器があるかは、不明とします。」

「この某町会の発災対応型訓練には、初期消火で消せなかった火災が拡大した事にして(消火ハウスを燃やし)、市民消火隊隊員が可搬ポンプを使用して消火する特別メニューを入れてあります。」

「このほか、倒壊家屋に人形を入れていおき、そこから人を助け出します。この倒壊家屋は、区と合同で作りました。バール・のこぎりなどの救助用品を使って、倒壊家屋をこじ開けて、中の人を出して救助します。さらにAEDを持ってきて、救命処置をします。」

 

「消防署・消防団は、本当の震災ではなかなか被災地に駆けつけられません。だから訓練でも消防署・消防団に頼らず、町会役員が自ら消火訓練の火点をつくり、倒壊家屋のけが人を演じ、火災や被害想定を作っていくことが重要です。」

 

「区に要請して、公園内で粉消火器・薬剤消火器などの放射を実施します。訓練で使用している水消火器は、訓練用であって実際の消火器ではありません。」

 

「ビデオは、向島消防署管内の町会です。そこは、ここの某町会と同じくらいの広さです。このビデオでは、NHKが撮影したので、火災を40か所。倒壊家屋5か所。けが人を40名出しました。」

「この訓練の結果、普段の防災訓練に出ていない人が訓練に参加しました。防災訓練は、いつまでも同じ顔触れではいけません。この機会に若い人も入れていかなければいけません。この訓練は、そういった人を入れる機会になります。若手参加の機会を作っていきましょう。」

 

さらに消防署の係長が、「まずは体験。その後、検証して1歩前進することが重要です!」と言われました。

 

最後に、ここ某町会の会長が、「前回の防災訓練は、発災型を知っていたのは一部の町会役員だけだった。その結果、うるさいとの苦情や実際の火災かと思ったなどの苦情も相次いだ。だから今回は、全戸に防災訓練を知らせるチラシを配る。兎に角、少しずつ体験していくことが大切だ。」と言われました。

 

会議終了後、消防署の主任より

「前回の発災対応型訓練では消防署も、どのように訓練をしてよいものか?分からなかったのです。それを検証した結果、今回から極力消防署は手を出さないようにし、より震災時と同じようにすることが必要と結論づけた。」

「だから先ほど課長が言った通り火災現場・被害想定を町会で考えて決めてほしい。発煙筒に着火する人も、負傷者も町会役員が行ってください。消防署は、実際の通報などに対応するだけです。今後は、町会の防災防火部長にこの趣旨を説明して理解してもらおうと思います。」

さらに 市「「市民消火隊が放水する場所は、防火水槽を使用できる範囲に限ります。震災が起こると消火栓が破裂して使用できなくなる可能性があります。まして訓練用の水を汲んでおくようなことをしたら、発災対応型訓練ではなくなってしまいますよ」と、注意されました。

 

 

 

 

   

2010.09.08

当ブログが、全国放送で放映された・・・・・?

p9084789

9月5日朝7時30分TBSテレビ“がっちりマンデー”という番組で、当ブログの写真が採用されました。

放映の3日前の晩、蒲田消防署よりメールが入りました。「蒲消ボのブログの写真の件で、至急話したいことがある。電話をください。」と、書いてありました。

・・・・・何か、映してはいけないものを掲載した件で、苦情を言われるのかとビクビクしながら電話をしました。

すると、K主任が笑いながら、「TBSテレビから消防署に電話があって、『今月5日朝7時半~8時TBSテレビ“がっちりマンデー”にて、蒲消ボブログの写真を使いたいが、どうかと打診があった。ブログに連絡先がなかったので、消防署に電話がかかってきた。問題ないね!人も写ってないしね。」

番組の内容は、お米の炊き方の歴史とかで、防災には何の関係もないようでした。でも、蒲消ボのブログの一部がテレビ放送に採用されましたので、正直うれしいです。多少でも、世の中のお役に立てたようです。

尚、その写真はブログ記事2009年8月 8日 「日頃の活動を防災に活かそう!」の5枚目の写真←大型ガス炊飯器とガスボンベです。たぶんテレビ局にも、取材された企業にもガス炊飯器の写真がなく、ホームページを探したら、当会のブログを見つけたのでしょう。

2009.08.08

日頃の活動を防災に活かそう! 

↑上の文字をクリックすると、2009年8月8日のブログの記事が見られます。

p90847901

がっちりマンデーの放送内容は→http://www.tbs.co.jp/gacchiri/archives/20100905/1.html