« 防災訓練!“担架搬送と三角巾” | 10月の夜間訓練 »

2010.10.11

東京臨海防災公園見学!

10月6日 東京ビックサイトで開催された『危機管理産業展』の見学に開会式の前からビックサイトの駐車場で入場開始を待っていました。危機管理産業展では、10時の開始から4時間近く会場を周り、多くの発見と出会いがあり有意義な半日を過ごしました。危機管理産業展の中に、東京臨海広域防災公園の展示もあり、そこの勧めもあったので会場を出た後、駐車場に車を残し、徒歩で『東京臨海防災公園』に向かいました。

東京臨海防災公園! ←詳細は、左の文字をクリックしてください。

この公園には、『有明の丘基幹的広域防災拠点施設』があります。これは内閣府が管理する「防災施設」です。この本部棟内の『防災体験学習施設』の“東京直下72時間ツアー”というものがありました。(入場無料です。)

 

平日の昼間だったので、閑散としていました。だからツアーと言っても一人。それがより一層臨場感に拍車をかけました。

ツアー内の街頭液晶テレビ画面imgp0074

 このツアーは、実際に体験されることをお勧めします。ここで説明すると、実際に体験したときの感じ方が半減してもいけません。だから詳細は敢えて説明致しません。場内は、フラッシュやストロボを焚かなければ撮影は自由です。・・・沢山撮影していましたが、この場でお見せするのは控えます。どうか一度見学され体験してください。

 

ツアーの結果・・・・・私の東京直下地震発生後72時間後の生存率80%!

果たして実際は、如何でしょうか?

 

災害時支援ボランティアは、発災直後から自発的に消防署に参集して活動を開始するように言われています。倒壊家屋等に閉じこめられた人の生存率は、72時間後に急激に低下すると言われています。私たち災害時支援ボランティアは、その時に自分たちができる能力を最大限に活かし、消防署の指示する方面で活動を行います。

だから上記のような災害に見舞われても、無事に生き残ることが大切です。そして家族の安否が確認できたら、できるだけ速やかに災害時支援ボランティアとして活動できる準備を整え、消防署に参集し活動したいと思います。

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

【トラックバック/ピンバック】

[...] 東京臨海防災公園見学! (2010.10.11) [...]


【コメント】

コメント