2011.01.29

ボランティア訓練 開催!(座学編)

平成23年1月22日午後2時~蒲田消防署にて“ボランティア訓練”が開催されました。これは15~21日の1週間『防災とボランティア週間』に毎年実施されているものです。

今回の訓練は、最初の30分座学。残り1時間は、D級可搬ポンプの使用方法と救助器材の使い方などがありました。

座学では、最初に警防課N課長より挨拶がありました。その中で「阪神淡路大震災では、35,000名の人が瓦礫から救助されている。その大半は、家族や近隣の方によるものだ。減災を第一に、次に火災を少なくすることが大切だ。消防が、災害時支援ボランティアに求めるのは、主に救助とそして消火。平常時には、防災減災意識を広めることである。」

 

次に災害時支援ボランティア担当のO係長より以下のような講義がありました。

災害時支援ボランティアに地域が期待していることは、消火よりも救助に重きが置かれるだろう。火災を消す行為は、法律的には消防署・消防団、(一部)市民消火隊や自衛消防隊となる。災害時支援ボランティアは、消防署員の指揮下で消火活動をすることになる。

◎『救助・消防の大原則』・・・それ以上、悪くしない!・・・救助に行ったら必ず帰ってくる。=安全第一。

火災・事故を発見したら周囲を見て、危なくないか確認してから行く。二次的災害が無いかを確認してから行く。現場には、常に危険がある。これ以上、状況を悪くしない。二次災害は、最大の災害と心得よ。

火災現場で、煙が多い火は、フラシュッオーバーをする可能性が高くたいへん危険。炎が上がらない火事や煙を吸い込む火事は、通常の火災より危険だ。

倉庫火災は、中で何が燃えているか判らないので(災害時支援ボランティアは、)近づいてはいけない。

 

◎災害現場で怪我をしないために!

・・・火災が消えた時・消えかけた時・気が緩んだ時には、上と下に注意する。

『上』・・・物が落ちてこないか?  『下』・・・けつまずいたり踏み抜いたりしないか?  火災には、背を向けない!

最後にO係長は、火災現場で壁の前に立つ消防隊員が、背後の指揮者から呼ばれて、その場から離れると同時に壁が崩れ、寸前のところで助かった映像を見せて、『後ろからの声は、神の声』と仰っていました。

2011.01.18

蒲田消防関係団体合同賀詞交歓会

1月12日午後6時~ “蒲田消防団体合同賀詞交歓会”がありました。

これは蒲田防火管理協会・蒲田消防懇話会・蒲田防火防災協会・蒲田火災予防研究会・蒲田消防協力会・蒲田女性防火クラブ・蒲田消防少年団・蒲田消防団の合同賀詞交歓会です。

蒲消ボYは、蒲田消防協力会の個人会員です。そのため昨年、同会より案内状が届いたので、どんなものか一度見てみたくて申し込みました。また、蒲田消防署の関係団体が一同に介すなら、蒲田消防署の災害時支援ボランティアをこの会合参加者の皆様に知っていただくチャンスと心得、このことを多くの方に話しかけようと密かに計画して出かけました。

当日は、消防署の幹部の方々、関係団体の幹部の方々、蒲田消防署管内の町会自治会の町会長・自治会長と防火部長など幹部の皆さんが大勢いらっしゃいました。私のような若造(今年、4回目の年男)は、ほとんどいませんでした。・・・開催時間まで、場違いな気がしてきましたが、会場のテーブルには立食用の美味しそうなご馳走が並び、乾杯までお腹が待てるか心配でした。

大田区長(代理)・区議会議長・関係団体幹部・蒲田消防署幹部の挨拶が続きました。乾杯の後、歓談と食事時間。食べることが目的でないはないので、食事もそこそこに、知り合いから捜しました。・・・最初は、災害時支援ボランティア仲間。某町会の防火部長をされていました。その町会では、近隣4町会の防火部長が集まって会議を年数回実施しているそうです。「是非、見学させてください。」と、お願いしてきました。

次に、地元町会近隣の市民消火隊隊長を見つけました。今は防火部長も兼務されているそうです。そこの市民消火隊隊員は、全員防火部員を兼ねているそうです。ここでも「防火部の会議を見学させてください。」と、お願いしました。

某町会の婦人部長(以前、蒲田消防ボランティアの会員)が、自町会の防火部長を連れてきて、紹介してくださいました。ここでは会議だけでなく防災訓練の見学もお願いしました。

蒲消ボYが所属する市民消火隊が訓練する際に、ご指導くださる蒲田消防団第6分団の分団長と副分団長とも歓談。一昨年の地元町会の発災対応型訓練より面識のある方が、蒲田消防少年団の副団長に就任されて出席されていました。

さらに先日のどんど焼きでC級可搬ポンプ・ホース12本延長をしていた町会の会長さんともお話しさせていただきました。・・・「(12本延長を絶賛した後、)年始で忙しいかもしれませんが、どうせやるなら何町会(この地域は14町会)の市民消火隊も一緒に警備して、最後に一斉放水したら素晴らしいですね。(出初式を兼ねて・・・)」と、感想を話しました。でも、その町会長は本気にはされていないようでした。

・・・『関係団体の方々に、災害時支援ボランティアを知っていただく!』・・・という当初の作戦は失敗に終わりましたが、いくつかの町会防火部長と話が出来たことは、有意義でした。

 

災害時支援ボランティアのコーディネータは、災害時(非常時)に活動するだけでなく、平常時から地域防災と関わり、災害時支援ボランティアの活動に活かせるよう働きかけていくこと。・・・私が、コーディネータ講習を受講した際に、指導されたことです。これを実践するため私は、某町会防災会議のオブザーバを務めています。このほか“防災まちづくり協議会”にも入り、地域防災について勉強をしています。今後も、地域防災を学び体験して、平常時から“地域防災(減災)力の向上”に励みたいと思います。

2011.01.16

防災とボランティア週間

ca3b06850001imgp08041

防災とボランティア週間は、1月15日~21日です。

それに先立ち1月11日より下記の日程において、大田区役所で防災に関するパネル等の展示が開催されました。

大田区役所一階中央玄関横:11日(火)~14日(金)と17日(月)
京急蒲田駅前商店街“あすと”コミュニティーホール:19日(水)~21日(金)
時間は、共に9時~17時(最終日は、16時半頃)

imgp07981

内容は、大田区の防災あっせん商品の紹介。大田区内の4カ所の消防署(田園調布署・大森署・矢口署・蒲田署)の消防団・消防少年団・災害時支援ボランティアの紹介と勧誘。住宅用火災警報装置。家具転倒防止用具の取り付け方。災害時支援ボランティアの器材など。このほか電話通信会社やライフライン各社の防災の取り組みが紹介されました。

imgp0800

蒲田消防署災害時支援ボランティアである当会では、役員が期間中の二日ほど交代で説明補助員を勤めました。見学者から思いも寄らない質問や参考になるご意見を賜りました。答えに困る内容の場合には、プロの消防職員の方にお願いしました。

2009年から毎年、このパネル展示の説明補助員をさせていただいていますが、今年の特色は四カ所の消防署が、合同で展示をされたことです。そのため蒲田消防署の職員の方が一週間会場に詰めるのではなく、四カ所の消防署の方が交代で担当されています。私が、説明補助員として伺った日は、田園調布消防署の係長と職員の方がいらっしゃいました。見学者のいらっしゃらない間に、田園調布署と蒲田消防署のボランティア活動について意見交換をしたり、過去に行われた4署合同訓練の話など、時間の許す限りお話を伺えたので、朝の9時からの3時間半、とても有意義に過ごすことが出来ました。

imgp0801

理想は、4カ所の消防署の災害時支援ボランティアが交代、或いは合同で、説明補助員を行えたら良いと思います。また、大田区役所に限らず、文化の森や羽田空港。大森駅など。各地域の人が大勢集まる場所で、このような展示が出来れば、多くの方に理解と協力をしていただけるのではないでしょうか。

最後に、当日お世話下さいました田園調布消防署の係長と職員の方に、この場を借りてお礼申し上げます。

 

2011.01.14

『東京消防出初式』参加報告①

平成23年 1月6日 東京ビックサイトにて『東京消防出初式』が晴天の空の下で開催されました。

imgp0513

東京消防出初式で蒲田消防署災害時支援ボランティアは、実技訓練に参加。倒壊家屋から傷病者を救出救助そして担架搬送するまでを担当しました。

下の写真は、訓練終了後の控え室の様子です。ほかの消防署のボランティアが、行進時に使用した東京消防署災害時支援ボランティアの旗を持って記念写真を撮影しました。(本人の許可を受けてモザイク加工を省きました。)imgp0565

お天気に恵まれ、気温も正月にしてはさほど寒くなく、気持ちよく活動ができました。

imgp0547

実際の訓練の様子は、別の機会に掲載致します。

2011.01.12

C級可搬ポンプ、ホース延長12本。

蒲田消防団では、昨年の震災演習時にホース延長訓練を実施。ホース30本(600m)の延長訓練を実施しました。(『蒲田防災メールマガジン』より)・・・これは蒲田消防団のB級可搬ポンプによるものです。

大田区内の自主防災組織(町会・自治会等)には、C級可搬ポンプやD級可搬ポンプが配備されています。私も某町会の市民消火隊隊員ですが、C級可搬ポンプでの操法は、3本から4本です。昨年1本追加して5本で放水する訓練をしましたが、先輩諸氏は水が出るか心配していました。

・・・こんな話を東京消防庁出初式の合間に、他の町会で市民消火隊隊員をしているボランティア仲間に話すと、「うちの町会は、どんど焼きの際には、12本延長して飛び火警戒と残火処理に使用するよ。」「見たかったら、今年のどんど焼きを見に来ると良い。」と、お誘いをうけ先日拝見に行きました。imgp0750

 点火1時間後の様子。

六郷川(多摩川)に吸管を入れ火災に備えます。C級可搬ポンプにホースを繋げます。imgp0754

imgp0761imgp0762imgp0763imgp0767どんど焼きは、燃え残りが残らないよう最後まで燃やし尽くします。その後、灰は産業廃棄物として業者の2トントラックに積みます。灰の温度をさますため放水は続きます。

imgp0784

imgp0781  

作業は日没近くまで続きました。imgp0786

2011.01.11

防災とボランティア週間!

蒲田消防署では、“防災とボランティア週間”に関連して以下の展示を開催致します。(当会では、展示説明補助者を派遣する予定でいます。連日は、無理ですが出来る限り派遣し、ボランティアの生の声をお伝えしたいと思います。)

今年の展示は、大田区内4消防署(大森・田園調布・矢口・蒲田)に関連する展示を実施致します。その関係で消防署・消防団は、4消防署の方が交代で説明員をされます。

大田区役所:11日(火)~14日(金)と17日(月)

京急蒲田駅商店街あすと:19日(水)~21日(金)

時間は、共に9時~17時(最終日は、16時半頃)

 

(写真は、昨年の様子↓)

p1144169 p1144166 p1144165

 昨年の蒲田消防署は、住宅用火災警報機・家具転倒防止落下防止器具取り付けの実物展示。蒲田消防団は、ポスターやビデオ。チラシを配布。消防少年団は作品を展示。災害時支援ボランティアは、パネル展示のほか使用器材を展示しました。そしてそれぞれの紹介と募集を致しました。このほか、大田区防災課では、大田区のあっせん防災用品などを展示しました。

昨年の記事→“防災とボランティア週間”パネル展

 “防災とボランティア週間に関しては、→”http://www.tfd.metro.tokyo.jp/camp/2011/201101/camp1.html


2011.01.08

蒲田防災メールマガジンBy蒲田消防署 

蒲田消防署 羽田出張所には、去年の春まで蒲田消防署災害時支援ボランティア担当係長だったN司令が所長をされています。そのN所長は、過去に蒲田消防署の“Mr.住警器”と言われた元N係長その方です。

N所長には、羽田出張所着任早々『萩中町会防災訓練』に蒲田消防署の災害時支援ボランティアを萩中町会に紹介した上で、指導補助として訓練参加要請をしていただきました。また、昨年秋には、糀谷地区一斉防災訓練(西糀谷一丁目・四丁目町会合同防災訓練)にも指導補助として、訓練参加要請をしていただきました。そのお礼を申し上げるために羽田出張所を訪問致しました。

出張所の玄関前に自転車を駐車すると、羽田出張所名物の“模型の火見櫓”が目に留まりました。その前には、花壇があり半分花が咲き、もう半分は植えたばかりなのか、いくつかの花の名札が土に挿してありました。(花壇は、N所長が休み時間など、仕事の合間に丹精込めて手入れをされているそうです。)

imgp05681・・・さて、出張所内に入ろうとした時、玄関ドアに何か立て掛けてありました。それは、年末年始のお休み期間を除くほとんど毎日自宅パソコンに届く“蒲田消防署発行 蒲田防災メールマガジン”を何枚か特集にして掲示したものでした。 imgp05671

このメールマガジンは、蒲田消防署の署員の方がネタを集め交代で編集、殆ど毎日一回配信されています。内容は一般の人に、蒲田消防署署内の出来事から消防署管内の行事まで、防災・消防・救急など私たちに必要な情報などを分かりやすく提供してくださっています。そのメールマガジンの配信の公告でした。

この公告に感心しながら、中に入り受付の方に、N所長へお取次をお願いして2階事務室にお邪魔しました。N所長は、以前と変わらぬ笑顔で歓待してくださいましたので、防災訓練のお礼を申し上げたました。

その後、暫く歓談した後、N所長は昨年9月29日に前蒲田消防署署長 田中道高消防監が勇退される際に、感謝の意を表するため、当会が蒲田消防署4署所に贈呈した“蒲田消防署災害時支援ボランティア幟”を持ち出され災害時支援ボランティアのアピールをするため、「幟を持って羽田出張所の玄関先で先ほどの火見櫓と並んで写真を写そう。」と、提案されました。imgp0572

尚、蒲田防災メールマガジンの配信を希望される方は、下記の通り。羽田出張所の受付まで!imgp0574

2011.01.01

2010年を振り返って!

一昨年(2010年)一年間の活動を振り返って!

以下の記事を読むと1年間の活動が分かります。

 (「参考:」の右側の文字をクリックすると、その記事に移動します。)

★2010年 本庁主催行事

 1月 9日 “ボランティア講習” 『家具転倒防止』『参集・チーム編成・救助・消火訓練』【消防学校・全署各1名参加】

 5月15日 “大田区合同水防訓練”      参考:大田区合同水防訓練 見学

 5月23日 “品川区合同防災訓練”       参考:品川区合同水防訓練 見学

       ◎ 蒲田消防署の蒲田水防第一小隊は、“月の輪工法”という工法を実施しました。

 

★2010年 蒲田消防署主催行事

 1月18日 “ボランティア訓練” D級可搬ポンプ・救護搬送・情報収集訓練【署内 8名参加】

                             参考: 蒲田消防署主催 “ボランティア訓練”

 1月24日 “ボランティア週間” 大田区役所 参考: “防災とボランティア週間”パネル展 

  3月 7日 “第11回 子供フェスティバル”   参考:蒲田ファイアーフェスティバル・・・N係長、大活躍!

11月20日“総合震災消防訓練”          参考:総合震災消防訓練

 

★蒲田消防ボランティアの会主催 『夜間訓練』

  1月 『C.P.R.』(参加者: 9名)     参考:1月21日 自主夜間訓練『CPR』

  2月 『ロープ結索』(参加者: 8名)     参考:2月第3木曜日19時~定例夜間訓練

  3月 『C.P.R.』(参加者:11名)     参考: マスターズと若者!     

  4月 『C.P.R.』(参加者: 5名)     参考:2010年度 第1回(自主)夜間訓練

   5月 『総会』    (参加者:10名)      参考:5月の第3木曜日、『夜間訓練』は、お休みです!

  6月 『C.P.R.』(参加者:10名)      参考:今期第1回自主“夜間訓練”

  7月 『C.P.R.』 (参加者: 9名)      参考:7月の訓練 C.P.R.(心肺蘇生法)

  8月 『三角巾被覆法』(参加者: 6名)   

  9月 『C.P.R.』   (参加者: 7名)   参考:9月の訓練 C.P.R.(心肺蘇生法)

10月 『C.P.R.』    (参加者: 5名)   参考:10月の夜間訓練

11月 『ロープ結索』   (参加者: 9名)

12月 『C.P.R.』     (参加者: 5名)  参考:今年最後の夜間訓練!

 

★蒲田消防ボランティアの会主催『リーダー養成訓練』

  1月 『C.P.R.』(参加者: 9名) 『夜間訓練』延長

  2月 『情報収集訓練』(参加者: 8名)  参考:2月第3木曜日19時~定例夜間訓練

  3月 座学『災害時支援ボランティア』

  4月 『規律訓練』(参加者:5名)      参考:リーダー養成訓練 “規律訓練”

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・諸般の事情により休止中・・・・・・・・・・・・・・

従来は、『夜間訓練』は、19時~50分間。『リーダー養成訓練』は、20時~60分間だった。しかし、『リーダー養成訓練』が、休止なったので、『夜間訓練』を19時~90分間に延長して訓練をしています。

 

★蒲田消防ボランティアの会&蒲田消防少年団 “合同救命講習会”

 4月4日13時~当会と蒲田消防少年団が合同で、上級救命再講習・普通救命講習及び再講習を蒲田消防団団員(応急手当指導員)から指導を受けました。

参考:蒲田消防少年団と&蒲田消防ボランティアの会合同救命講習会

 

★蒲田消防ボランティアの会 訓練指導補助参加・・・防災訓練

  6月20日 萩中町会発災対応型訓練    (指導補助13名) 

  9月26日 南蒲田一丁目自治会防災訓練 (指導補助 3名)

 11月21日 西糀谷一丁目町会・西糀谷四丁目町会合同防災訓練(指導補助6名)参考:糀谷地区一斉防災訓練

★蒲田消防ボランティアの会より蒲田消防署に幟4本贈呈

 9月29日 『蒲田消防署災害時支援ボランティア幟』を4本贈呈。

   ★その他のニュース   

7月 蒲消ボY・・・矢口消防署災害時支援ボランティア『STRAP』訓練 非公式見学 

           参考:矢口消防署災害時支援ボランティア“STRAP”訓練 ①

9月 5日の朝7時30分TBSテレビ“がっちりマンデー”という番組で、当ブログの写真が採用されました

           参考:当ブログが、全国放送で放映された・・・・・?

 10月 6日 『危機管理産業展』『東京臨海防災公園』見学

           参考:東京臨海防災公園見学!

 12月 2日 『蒲田駅周辺滞留者対策訓練』見学   参考:蒲田駅周辺災害時滞留者対策訓練!

 

蒲田消防ボランティアの会は、蒲田消防署災害時支援ボランティアとして発災時の初動体制(参集受付・災害受付・チーム編成)を確立すること。そして災害時支援ボランティアとして必要な『救助・救命・救護・搬送・消火・情報収集』などの基本を、『災害時支援ボランティアマニュアル』に基づいて学び習得することを目的としています。訓練を重ねることで、ボランティア同士の仲間意識を高めることも目的にしています。

平成7年の阪神淡路大震災の翌年、平成8年。東京消防庁が、全消防署に消防職員18,000名と同数の災害時支援ボランティアを募集しました。あれから15年が経ち、当初登録した方々の年齢も15歳加齢しています。45歳は、60歳に。60歳の方は、75歳になりました。それでもお元気で、ボランティアを続けてくださる方がいます。その方々には、敬意を感じます。

しかし、登録後、訓練に殆ど参加しないされない方。登録後、行方不明の方。実際に他界された方など、登録はしたが、今後ボランティアを続ける意志のない方は、早急に登録した消防署に届けてください。また、なかなか訓練に参加が出来ないが、実際の災害時にはボランティアとして活動したい方も、消防署にその旨の意志表示をしてください。

登録証には、登録期間3年或いは5年と表示されています。その期間を過きても登録は抹消されません。登録抹消は、消防署にご本人が登録解除の意志を伝えない限り抹消されません。

蒲田消防ボランティアの会は、一般の方々に災害時支援ボランティアを知ってもらうこと。そして登録者を増やすこと。ボランティアからリーダー、コーディネータへと昇格してもらうことも目的に活動しています。

どうか、このブログをご覧になった方で、災害時支援ボランティアに興味をもたれた方は、東京都内ならば最寄りの消防署へ申し込んでください。他県の方も最寄りの消防署にご相談下さい。既に同様のボランティア組織を作られている消防署もあります。なければ、地元消防団か消火隊、又は新規にボランティア組織を創設してください。

一生のうち、一度も大災害に遭遇することがなければ幸いと思います。でも、いつ起こるか分からない大災害のために、救急法や救護法、消火・搬送などを正しく知り、身につけておければ安心に繋がると思います。また、大災害だけでなく、家族や仲間が交通事故や急病に遭ったとき、救急車が到着するまでの間に出来ることが一つでもあれば、相手の方の救命率は向上します。

 

さあ、一歩前進しましょう。

目の前に人が倒れていたら、一歩前に出て声をかけましょう!。