« 防災とボランティア週間! | 『東京消防出初式』参加報告① »

2011.01.12

C級可搬ポンプ、ホース延長12本。

蒲田消防団では、昨年の震災演習時にホース延長訓練を実施。ホース30本(600m)の延長訓練を実施しました。(『蒲田防災メールマガジン』より)・・・これは蒲田消防団のB級可搬ポンプによるものです。

大田区内の自主防災組織(町会・自治会等)には、C級可搬ポンプやD級可搬ポンプが配備されています。私も某町会の市民消火隊隊員ですが、C級可搬ポンプでの操法は、3本から4本です。昨年1本追加して5本で放水する訓練をしましたが、先輩諸氏は水が出るか心配していました。

・・・こんな話を東京消防庁出初式の合間に、他の町会で市民消火隊隊員をしているボランティア仲間に話すと、「うちの町会は、どんど焼きの際には、12本延長して飛び火警戒と残火処理に使用するよ。」「見たかったら、今年のどんど焼きを見に来ると良い。」と、お誘いをうけ先日拝見に行きました。imgp0750

 点火1時間後の様子。

六郷川(多摩川)に吸管を入れ火災に備えます。C級可搬ポンプにホースを繋げます。imgp0754

imgp0761imgp0762imgp0763imgp0767どんど焼きは、燃え残りが残らないよう最後まで燃やし尽くします。その後、灰は産業廃棄物として業者の2トントラックに積みます。灰の温度をさますため放水は続きます。

imgp0784

imgp0781  

作業は日没近くまで続きました。imgp0786

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

【トラックバック/ピンバック】

[...] 当ブログ参考記事2011.1.12記事参照→C級可搬ポンプ、ホース延長12本。 [...]


【コメント】

コメント