« 『東京消防出初式』参加報告① | 蒲田消防関係団体合同賀詞交歓会 »

2011.01.16

防災とボランティア週間

ca3b06850001imgp08041

防災とボランティア週間は、1月15日~21日です。

それに先立ち1月11日より下記の日程において、大田区役所で防災に関するパネル等の展示が開催されました。

大田区役所一階中央玄関横:11日(火)~14日(金)と17日(月)
京急蒲田駅前商店街“あすと”コミュニティーホール:19日(水)~21日(金)
時間は、共に9時~17時(最終日は、16時半頃)

imgp07981

内容は、大田区の防災あっせん商品の紹介。大田区内の4カ所の消防署(田園調布署・大森署・矢口署・蒲田署)の消防団・消防少年団・災害時支援ボランティアの紹介と勧誘。住宅用火災警報装置。家具転倒防止用具の取り付け方。災害時支援ボランティアの器材など。このほか電話通信会社やライフライン各社の防災の取り組みが紹介されました。

imgp0800

蒲田消防署災害時支援ボランティアである当会では、役員が期間中の二日ほど交代で説明補助員を勤めました。見学者から思いも寄らない質問や参考になるご意見を賜りました。答えに困る内容の場合には、プロの消防職員の方にお願いしました。

2009年から毎年、このパネル展示の説明補助員をさせていただいていますが、今年の特色は四カ所の消防署が、合同で展示をされたことです。そのため蒲田消防署の職員の方が一週間会場に詰めるのではなく、四カ所の消防署の方が交代で担当されています。私が、説明補助員として伺った日は、田園調布消防署の係長と職員の方がいらっしゃいました。見学者のいらっしゃらない間に、田園調布署と蒲田消防署のボランティア活動について意見交換をしたり、過去に行われた4署合同訓練の話など、時間の許す限りお話を伺えたので、朝の9時からの3時間半、とても有意義に過ごすことが出来ました。

imgp0801

理想は、4カ所の消防署の災害時支援ボランティアが交代、或いは合同で、説明補助員を行えたら良いと思います。また、大田区役所に限らず、文化の森や羽田空港。大森駅など。各地域の人が大勢集まる場所で、このような展示が出来れば、多くの方に理解と協力をしていただけるのではないでしょうか。

最後に、当日お世話下さいました田園調布消防署の係長と職員の方に、この場を借りてお礼申し上げます。

 

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

コメントはまだありません。

コメント