« 蒲田ファイアーフェスティバル! | “東北・関東大地震” 直後から12時間後 »

2011.02.18

2月の夜間訓練 『三角巾』

今晩の蒲消ボ夜間訓練は、『三角巾』です。
訓練内容は、『圧迫による出血防止(止血)を三角巾で行う方法』
 
本日の指導は、ボランティア担当主任のY司令補と救急救命士のS士長とM士長の3名です。最初に座学がありました。
 
imgp0896 imgp0897
 
「人の血液は、体重の1/13ぐらいあります。そのうちの1/3の血液が出血するとショック状態になります。さらに1/2になると重篤・・・死んでしまう状態になります。」
「出血には、3種類あります。動脈の出血は、ドピュッ・ドピュッと飛び出ます。色は、鮮紅色。出血時は、直ぐに止めないと心臓の動きで出続けます。次に静脈の出血。暗石色(?)黒っぽい赤色です。もう一つは、毛細血管の出血。傷口からジワジワ滲み出る血液。これは、自然に止まります。」
 
「止血法には、直接圧迫法と間接圧迫法の二つがあります。」
「直接圧迫法は、傷口の上をカーゼなので直接強く押さえて、圧迫します。その際、感染防止のためにビニール手袋やコンビニ袋など身近なもので感染防止をして止血しましょう。」「今回は三角巾を用いて、この直接圧迫止血法を実施します。」imgp0898 imgp0899 imgp0900
 
二人一組になって訓練を開始しました。震災で一番多い怪我は、頭部や額。次に腕と言われています。そこで今回は、頭と額そして腕に三角巾で直接圧迫止血法を施す訓練を実施しました。
imgp0901←ガーゼが無く三角巾が複数あるのであれば、別の三角巾をガーゼ代わりに傷口に当て、その上から三角巾で圧迫してもよいでしょう。(実際は、ガーゼ代わりの三角巾を半分に折るか、ガーゼ代わりの三角巾を横にすべきでしょう。)
 
ガーゼは、傷口の大きさや出血の具合に合わせて大きさや厚さを調節しましょう。これでも出血が治まらないときには、三角巾を解かず、さらにこの上から三角巾を重ねて巻き出血を抑えます。
 
次に腕からの出血の止血法を訓練しました。このとき、指導の方が傷口の模型を腕に当てました。imgp0902←傷口に、今回もガーゼの代わりに三角巾を載せ圧迫しながら三角巾を巻いていきます。 imgp0903 imgp0905 imgp0906
 
町内会等の防災訓練では、三角巾の訓練時にガーゼを省く傾向があります。また、「訓練だから・・・。」と言って、感染防止の手袋をせず、素手で三角巾の訓練をさせる場面をよく目にしてきました。しかし、私たちは実際の災害を想定して訓練をしているので、出来る限り現実的な訓練を行いたいと、消防署に上記の訓練を依頼し実現していただきました。また、従来の三角巾の訓練では、三角巾の巻き方に重点がおかれてきましたが、今回からは止血法・固定法・被覆法など負傷の状況や怪我の程度をある程度想定して、訓練を実施していこうと思います。それはどのような場面でも、落ち着いて行動が出来るようにするためです。
 
今年度の訓練は、『AEDが無くてもC.P.R.が出来るようにする。』『C.P.R.を体で覚える。』このことに重点をおき、年間計画でも半年間に2ヶ月連続C.P.R.翌月三角巾。そしてまた2ヶ月C.P.R.翌月ロープ結索。これを1年間に2セット繰り返してきました。おかげでC.P.R.は、かなり自信を持って対応出来るようになってきたと思います。
 
訓練後の挨拶で当会副会長は、「来年度の年間計画には、C.P.R.だけでなく三角巾や他のことも繰り返し訓練をして、いつでも体が動かせるようにしていきたい。」旨の発言をされました。・・・今後の訓練に期待します。
 
本日の訓練には、当会会員で、災害時支援ボランティアのコーディネータ2名。リーダー3名。ボランティア2名。計7名が、参加致しました。

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

コメントはまだありません。

コメント