2012.01.31

地域防災関係者の苦悩・・・

3.11以降、多数の町内会・自治会のなど地域防災の関係者は、混乱と苦悩を抱えていらっしゃいます。

蒲消ボYは、地域防災に関わる各種会合で、いくつかの町内会・自治会の防災部長・防火部長の方々とお話しする機会がありました。その話の中で、特徴的なのことがあります。それは3.11以降、地域防災の考え方が、大きく二つに分かれたことです。

 

一つは、『発災害時に出来る限りのことをしよう。』と前向きな考え方。もう一つは、『もう何をやっても無駄。津波の前では、(今までの防災訓練など)何も役に立たない。』という悲観的な考え方でした。

 

『発災時に出来る限りのことをしよう。』・・・今までの防災訓練は、集合型訓練(注1)と言われるものが大半を占めました。しかし、徐々に発災対応型訓練(注2)に変更するところが増えています。訓練以外では、町の危険箇所を調べる。避難誘導路を検証する。津波時の一時避難場所にマンションや工場などと提携する。通常の災害(交通事故や急病など)にも対応できる救急法や応急手当の講習会を実施する。市民消火隊だけが担当していた可搬式消火ポンプを町会役員や地域住民にも体験させるなど。防災意識が高まっているこのときに、地域住民を巻き込んで防災減災に強い町作りをしていこうという動きです。

 

『もう何をやっても無駄。津波の前では、(今までの防災訓練など)何も役に立たない。』・・・3月11日の東日本大震災ニュースを見て。或いは、実際に現地に足を踏み入れ現場を見てこられた方々が、(自然の猛威)津波の流れに人も家も車もありとあらゆるものが流される様子を見聞きされました。・・・・「こんな状況では、従来の防災訓練なんて何の役にも立たない。津波がきたら、この町に逃げる所なんてない。」「今までと違う防災マニュアルを(行政か消防が)作ってくれ。」「自分たちは町内会だろって言われても、防災の素人に何ができるか?」という絶望的悲観論的な動きです。

 

 

消防署では、東京湾の構造上3.11のような巨大な津波は来ないと言っています。例え津波が到達したとしても、何もかも流されてしまうような被害は無いでしょう。それでも想定外はあるかも知れません。その時に慌てずに対応するため、行政や消防も検証し行動しています。私たちも諦めず、その時のため今出来ること準備していきましょう。諦めず、まず今までの考え方を検証しましょう。そして良いところは伸ばし、足りないところは補って行きましょう。みんなで知恵を出し合いましょう。楽観は出来ませんが、悲観せず被害を最小限に抑え、元の生活を極力早く取り戻せるようにしましょう。

 

今、ショックで悲観的な考えの某町内会・自治会の役員さん。役員さんのプレッシャーは、計り知れないと思います。それでも地域住民より、地域の事を考え。地域住民の安全安心を導いてきた役員さんは、地域住民の頼りです。今まで地域防災や町会行事に参加してこなかった人たちも、防災の関心は高まっています。彼らの意見も取り入れて、より良い町作りをするチャンスと捉えてください。4年間で70%と言われる直下型地震。発災時は、もの凄く揺れるでしょう。しかし、これだって、発災直後の対応の仕方で、想定よりも少なく抑えることも可能です。今までの防災計画の活かせるところと、足りないところ。補えるところを検証して、直下型も恐れない町作りをしていきましょう。

 

地震発災時に家屋内の家具転倒で死亡しないように準備しましょう。発災時には火を消す行動はせず、揺れが収まっても火災が発生していたら、落ち着いて火を消しましょう。地震発生時に死亡せず、怪我をしなければ助かる可能性は高まります。この後(発災直後)の災害は、自然災害ではありません。事前に用意さえしておけば、防げる災害(人的災害)です。この発災後の災害を防ぐには、災害が起こる前の町作りにかかっていると思います。家具転倒防止の呼びかけ。倒壊の可能性のある家屋には、行政から支援してもらうように働きかける。燃えやすい物を置かせない。倒れやすい塀や壁を作らない。消火栓の上に車を駐車させない。中小企業には、町ぐるみで防災協議に参加さえる。避難路は、倒壊しそうな塀や壁を避ける。日頃の防災訓練を体験させるなど、今までの防災で訓練である程度まかなえます。それにもう少し、その町にあった防災減災の取り組みをすれば良いと思います。どうか、直下型地震でも被害の少ない町が出来ることを切に願います。

 

 (注1):町内の大きな公園等に避難して、その公園内で通報・消火・救助・救命・救護などを順番に体験或いは見学していく訓練。

(注2):突然の災害に地域が如何に対応し、災害を最小限に抑えるかを検証する訓練。

2012.01.29

ボランティア訓練・・・2012.01.21.放水訓練

ボランティア週間のボランティア訓練。蒲田消防署には、災害時支援ボランティア12名が参集。12名をA・B2チームに分けて訓練を開始した。

Aチームは、放水訓練。

  imgp21621 imgp21611

 

放水訓練は、元消防団員のボランティアがエンジンを担当。残りのメンバーは、交代でホースの筒先を体験した。このポンプは、消防署自衛用のB級可搬式小型消防ポンプ (略して『B級可搬式ポンプ』。このポンプは、1分間に500Lを放水する。

訓練後の講習で担当係長より、「一般火災での放水は、人命救助を優先する。しかし、震災時には延焼防止のため水を広範囲に撒く。災害時支援ボランティアが災害現場で筒先を持つことは、殆どない。筒先を持った消防隊員の後ろでホースをまっすぐに持つ事があるかも知れない。さらに水の入ったホースを移動する可能性もある。ホース一本に水が入っていると60~70Kgになる。3本なら二人ぐらいで扱えるが、何十本と繋がるそう言うわけにはいかない。」

「東日本大震災では、消火栓は使えなかった。防火水槽と無限水槽(川)を頼りにした。防火水槽は、普通40トン。B級可搬ポンプのホースは、1本500L/分。B級可搬ポンプは、一度に2本放水できるので、1分間に1トン使用する。すると防火水槽が満タンでも40分で水が底を切る。そのため火災現場が防火水槽より離れている場合は、防火水槽から隣の防火水槽に水を移した。」「ホースには、摩擦がある。大きなホースは、より大きな摩擦ができる。そのため摩擦を減らすために極力ホースを真っ直ぐに延ばすことが必要。そのことを忘れないで欲しい。」

「火災現場で消防ポンプが、水利の次に大切なのものは何でしょうか?」

「・・・・・・正解は、燃料です。」

「B級可搬ポンプは、放水開始から40~50分で燃料が切れる。B級可搬ポンプを使用する際は、必ず水と燃料のことを考えなければいけない。」

2012.01.28

東京消防庁防災部長感謝状

1月21日の訓練に先立ち、Iwリーダー(応急手当普及員)が、日頃の防災活動の知識の習得と各種訓練に積極的に参加していることなどが認められ、東京消防庁防災部長から感謝状が授与された。

imgp2154←右から署長・Iwリーダー・警防課長

 (ボランティアの素顔掲載は、ご本人承諾済です。)


受賞式は、蒲田消防署1階防災教室にてIwリーダーの仲間である災害時支援ボランティア10数名の前で行われた。

imgp2153防災部長賞は、蒲田消防署長が代読の上、授与された

当会の会員は、過去にボランティアとリーダーは、署長賞。コーディネータで部長賞をそれぞれ受賞してきた。しかし、災害時支援ボランティアのリーダーとして部長賞を受賞した者はなく、Iwリーダーの受賞は、とても喜ばしいものであります。授賞式では、当然訓練参加者全員でIwリーダーの受賞を喜び祝いました。

 

 


 

2012.01.18

2010年ガイドライン 始まる!

JRC(日本版)ガイドライン2010の公表を受け、東京消防庁では、平成24年1月1日から、新しいガイドラインに基づく応急手当の講習を開始しました。

 

応急手当の方法は、さまざまな研究や検証を重ね、原則5年に1度、より良い方法へ改正されています。新たな応急手当の方法は、それまでの方法を否定するものではありません。大切なことは、目の前に倒れている人を救うために「自分ができることを行う」ことです。

緊急の事態に遭遇したときに適切な応急手当ができるように、日頃から応急手当を学び、身につけておきましょう。

(以上、東京消防庁ホームページhttp://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/life01-2.html より抜粋) 

 

当会『夜間訓練』は、3月に“C.P.R.(心肺蘇生法)”を計画しています。この中で、2010年ガイドラインを学びます。既に昨年より2010年ガイドラインの情報は、私たちの耳にも入っていました。しかし、私たちは東京消防庁の災害時支援ボランティアでありますから、東京消防庁が正式に2010年ガイドラインを導入するまでは、訓練や実際の現場で、それを行うことはしませんでした。それよりも従来の2005年ガイドラインの方法を熟練し、2010年ガイドラインに移行したときには、その違いが説明できるようにしていこうと決め実行してきました。

2012.01.18

大田区役所 1階展示コーナー

 

volunteer_poster_l1 

↑ 東京消防庁 災害時支援ボランティア募集用最新ポスター

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/inf/h24/01/volunteer_poster.html

 

 

 

大田区内4つの消防署(大森署・矢口署・田園調布署・蒲田署)が合同で、大田区役所1階展示コーナーにて、『防災とボランティア週間に伴う広報展示』として、主に4つの点をPRしています。

◎消防PRコーナー設置

◎災害時支援ボランティア募集広報

◎防災グッズ展示

◎東日本大震災の写真展示

当会役員(蒲田消防署災害時支援ボランティアのリーダー・コーディネーター)が、交代で説明補助員として常駐します。

 

 

2009年から毎年大田区役所の展示で説明補助員を務めています。

以下の記事も参考にして下さい。

2011年 『防災とボランティア週間』http://kamasyobo.webside.jp/2011/01/

2010年 『防災とボランティア週間 パネル展』http://kamasyobo.webside.jp/2010/01/

2009年 『防災展 広報活動』 http://kamasyobo.webside.jp/2009/01/

 

2012.01.17

1月の夜間訓練は、お休み!

1月19日(木)

 

夜間訓練中止!

 

平成24年1月の当会主催の『夜間訓練』は、消防署の都合によりお休みと決まりました。

 

 

1月は、年間計画ではC.P.R.(心肺蘇生法)でした。

2月は、計画通り三角巾を行います。

・・・事務局案ですが、三角巾の応用編として三角巾が無いとき身近なもので対応する方法を学び、非常時に対応で来るようにしたいと思います。

2012.01.16

年賀メールをいただきました!

         111102_123305

         『あけましておめでとうございます。
          本年もよろしくお願いします。
          年賀状をいただきありがとうございます。』

                  『本年ボランティア活動がんばって下さい。
                  私もなんとか、ハイパーでがんばっております。
                  本年は平和な年であることを、お祈り申し上げます。』

 

上記写真の方は、当会設立の翌年(平成15年)頃から約数年間蒲田消防署警防課防災係で災害時支援ボランティアを担当された(当時主任の)Sk司令補。担当を交代された後、六郷出張所中隊長などを歴任し現在は、第八消防本部ハイパーレスキュー隊隊長として活躍されています。

 

担当を交代後も災害時支援ボランティアの良き理解者であります。

そして当会の友人であり、当ブログの愛読者でもあります。

(上記の写真とご挨拶文は、正月に第八方面本部へ送った年賀状への返信メールです。)

2012.01.16

大田区役所1階展示会場・・・ボランティア週間

imgp0800←昨年の様子

今年も“防災とボランティア週間”の期間、今月16日(月)~20日(金)9時~17時(最終日16時頃) 大田区役所1階の特設会場ににて、大田区内の4消防署の災害時支援ボランティアと消防団の紹介の展示を開催します。その展示には、災害時支援ボランティアと消防団のほか、大田区の斡旋防災用品。住宅用火災警報装置。家具転倒防止装置なども展示されます。

 

大田区内の4消防署の消防職員と蒲田消防団団員が交代で説明員を勤められる。蒲田消防ボランティアの会では、当会員役員(蒲田消防署災害時支援ボランティア)が、交代で説明補助員として展示会場に立ち災害時支援ボランティアの紹介説明のほか、消防団や他の展示物の説明補助を実施する。

 

今回は、ほぼ毎日1名が会場に入るので蒲田消防署災害時支援ボランティアの生の声をお聞かせすることが出来るので、大田区役所のご用の方、お近くをお通りの方は、是非お立ち寄りいただきたい。

2012.01.16

保護中: 大田区役所開催・展示説明補助員担当表

この投稿はパスワードで保護されています。閲覧するにはパスワードを入力してください:

2012.01.16

保護中: 1月役員会 議事録 平成24年1月12日

この投稿はパスワードで保護されています。閲覧するにはパスワードを入力してください:

次へ »