2012.03.20

保護中: 夜間訓練要望アンケート集計結果報告

この投稿はパスワードで保護されています。閲覧するにはパスワードを入力してください:

2012.03.15

保護中: 2月役員会議事録

この投稿はパスワードで保護されています。閲覧するにはパスワードを入力してください:

2012.03.15

保護中: 3月役員会議事録

この投稿はパスワードで保護されています。閲覧するにはパスワードを入力してください:

2012.03.15

3月第三木曜日午後7時~

3月第三木曜日午後7時~9時(約90分間)は、当会主催の夜間訓練が蒲田消防署にて開催されます。

 

今回の訓練では、2010年ガイドラインによる心肺蘇生法を学習し体得するための訓練を行います。

2010年ガイドラインは、2005年ガイドラインよりも簡素簡単そして素早く心肺蘇生に取りかかれるように工夫されています。

しかし、いくら簡素簡単と言っても、ポイント(コツ)を知らないと、それを行う意味が失せてしまうでしょう。

もしものために、
この機会に、2010年ガイドラインを体感しましょう。
 
 
 是非、奮ってご参加ください。


★2010年ガイドラインは、今年1月より東京消防庁が正式に指導を開始した心肺蘇生法です。

★詳細は、2012年1月18日の記事『2010年ガイドライン 始まる!』をご参照ください!


☆災害時支援ボランティアへの見学・体験、大歓迎!

蒲田消防署災害時支援ボランティアへのお問い合わせは、蒲田消防署警防課防災係まで

電話は、蒲田消防署代表電話03-3735-0119(おかけ間違えの内容にお願い致します)
 
 

2012.03.07

蒲田消防署 ファイヤーフェスティバルに参加!

3月4日午前10時~午後3時まで、蒲田消防署にてファイヤーフェスティバルが開催されました。

imgp2259 imgp2282←今年も蒲田消防署と矢口消防署のはしご車が2台。見学希望者を乗せて空高く舞い上がりました。

当会も災害時支援ボランティアのコーナーを任され、災害時支援ボランティアの紹介と勧誘を実施しました。

imgp2280災害時支援ボランティアのコーナーは、1階防災教室の中にありました。防災教室入って右手には、消防少年団が作成した大型絵馬。その隣で輪投げ。防災ビデオと大人休憩コーナー(防災ビデオとコーヒー)、家具転倒防止金具展示。

防災教室入って左手には、各種消火器の模型展示。住宅用火災警報機の展示。蒲田消防署メールマガジンの紹介。消防団紹介パネルコーナー。その隣に一台の長机が置いてありました。

imgp2281←災害時支援ボランティアは、一台の長机の上に消防少年団・消防団・災害時支援ボランティアのコーナーが作られていました。そのコーナーの横に従来の可搬式機材と先日配置された背負い式の機材が置かれていました。それだけでは物足りないので、倉庫からボランティア救急バックとボランティアヘルメットを出してきました。中央の黄色いボランティア募集用の幟だけでは物足りないので、以前当会が作成したボランティア用の幟を2本立てました。

imgp2273 imgp22751←今年は(午前中)隣の消防少年団の子供たちが、少年団の配布物と一緒に消防団、ボランティアの配布物を見学の子供たちへ、にぎやかに配ってくれました。その騒ぎで、ほとんど災害時支援ボランティアについて見学者に話す機会がありませんでした。

午後になると消防少年団がよそに移動してしまったので、防災教室の中は静かになりました。

見学者から質問がありました。何かと思えば『消防少年団は何歳から入れるの?』と、消防少年団の質問。少年団と消防団の担当者が不在になると私たちがその説明をしました。さらに子供たちを連れてきた大人が、消火器や住宅用火災警報機に興味を示されていたので、その場に出向き、私たちはその説明を始めました。その流れから災害時支援ボランティアについて話を持っていったり、家具転倒防止装置の続きにボランティア機材をのぞき込む方々に“災害時支援ボランティアの存在”を示して説明。多くの方から、ボランティアに関心と登録に興味を持っていただきました。

 

例年、このコーナーで何十人もの方々に紹介と勧誘をしてきました。そして毎月第三木曜日の夜間訓練への見学を勧めましたが、これで見学や登録に繋がったことはありませんでした。それでも今年こそはこの行事で、“見学者”・“登録者”を増員したい!という思いで今年も参加しています。直ぐに見学者・登録者に結びつかなくても、災害時支援ボランティアという組織とボランティアの存在を多くの方に知ってもらったことには、違いがないと思います。

 

今回、お話を聞いてくださった方々は、実際に#0119に電話で相談した方。鉄道会社にお勤めの方。出身が福島の方。災害時支援ボランティアの存在を初めて知った方。危険物取扱の資格をお持ちで、災害時支援ボランティアの申込書をパソコンでダウンロードしている方。消防団に興味を持たれた女性の方。元消防団員だった方など。このほかにも多くの方々とお話をする機会がありました。過去には、ほとんど聞いて貰えないこともありましたが、今回は皆様熱心に耳を傾けていただきました。

見学者の皆様は、昨年の“3.11”を受けて“何か自分に出来ることはないか”或いは、“家族を守るにはどうしたらよいか”真剣に考えていらっしゃるようでした。

これを機会に、一度ボランティアの訓練。今月第三木曜日午後7時からの訓練を見学に来てくださることを切に願います。(今月は、2010年ガイドラインに基づく救命法を予定しています。)

 

本日の説明は、Szコーディネータ・Kmコーディネータ・Knコーディネータ・Szボランティアの4名です。(お二人のSzさんは、ご夫婦でお仕事の合間に駆けつけてくださいました。)