« 役員会 6月議事録 | 役員会 7月議案書 »

2012.06.24

萩中町会防災訓練

 6月17日(日)萩中町会は、防災訓練を開催、当会も訓練支援活動を実施しました。

萩中町会防災訓練では、一昨年より “発災対応型訓練” と、“集合型訓練” の二つを朝から順に実施してきました。

萩中町会防災訓練 支援活動!←昨年・一昨年の発災対応型・集合型訓練の記事)

“発災対応型”は、町内数カ所に同時多発で(訓練用の)災害を起こし、それに周辺住民がどのように対応するかを訓練するものです。

p6204645←2010年〈萩中町会 発災型訓練風景〉imgp1305←2011年〈萩中町会 発災対応型訓練風景〉

それに対し、“集合型訓練”は、従来の一般的な防災訓練のことを指します。内容は、訓練会場となる場所に参加者を集め、消火訓練・応急救護訓練などを見せ、或いは体験させるものを指します。

dscn1683 p6204674 p6204667                                                                                          ↑                   ↑ 上3枚 2010 年 萩中町会 集合型訓練 ↑

 

訓練は、“発災対応型訓練” と “集合型訓練” の間に、訓練会場まで集団で移動する “避難訓練” を実施します。

 

しかし今年は、前日からの雨にたたられ、朝には止みましたが、集合型訓練の会場となる出雲(いずも)中学校グランドがぬかるむのを防ぐため、雨天時の訓練に切り替えられました。

雨天時訓練は、“発災対応型訓練”を省略して、“避難訓練” から訓練が始まります。

“避難訓練” は、いくつかの地域に分かれた住民が、それぞれの一時(いっとき)避難場所に集合。そこから出雲中学校まで、集団で避難をする訓練です。

その後、晴天時なら中学校のグランドで開会式後、班に分かれ消火訓練や起震車、煙体験などの体験。廊下を利用して防災ビデオ放映会など。そして体育館で応急救護訓練をする予定でした。

しかし、雨天時訓練に変更になったので、開会式の全訓練参加者が出雲中学校の体育館に一同に介しました。その数400名弱。imgp2586←2012年萩中町会・・・いくつかの町会が合同で行う訓練でもこんなに集まらないのに、一町会の防災訓練で、こんなに大勢が集合するのは、珍しいと思います。それだけ防災に対する意識が高いと思われます。

 

雨天時訓練は、体育館内で心肺蘇生法とAED、応急担架作成要領と搬送訓練、止血時の感染防止と三角巾による止血法。渡り廊下での防災DVD上映会等が開催されました。

この訓練には、萩中町会と同町会市民消火隊、大田区防災課と羽田特別出張所、蒲田警察署、蒲田消防署羽田出張所、蒲田消防団第五分団そして災害時支援ボランティアなどが関わりました。蒲田消防署災害時支援ボランティアからは、2名(コーディネータKnとボランティアのKb)が参加致しました。

 

imgp2596←消防職員と消防団員が、心肺蘇生法とAEDの指導

 imgp2593←消防団員による応急担架作成要領と搬送法を指導

imgp2591←消防団員とボランティアが、出血時の感染防止を説明

imgp2595←本日は、腕の止血と腕を吊る方法を説明。

応急救護訓は、応急担架作成要領と止血の感染防止の2班に分かれ、当初は15分で交代することになっていました。しかし、どうしても止血チームは説明と実技を入れるため、15分の枠に収まりきれません。そこで町会役員さんと担架班の消防団員がその場で話し合い担架の説明を10分間。その後の20分間に止血と感染防止、三角巾の実技をしてよいことにしてくださいました。それはとて有り難いご配慮でした。担架班が担架の説明している間に、こちらでは三角巾を畳むことが出来ました。そして私もその間に息を整えることが出来ました。

また女性の消防団員の方が2名こちらの班に入ってくださいました。そのお二人のうち、お一人は昨年も私達の班に入ってくださいました。その方は、看護学校の教官をされている方で、私の説明を見ていてくださり、訓練の合間に間の取り方や説明の順番などについて、アドバイスをしてくださいました。そのおかげで4回の訓練のうち、段々話し方がスムーズになり、最後には、説明と実技の時間配分がとても良くなり、結果3分も余ってしましました。残りの3分を利用して、この訓練後に三角巾を購入携帯するなら、三角巾のケース(袋)の裏に三角巾の結び方などが表示されたものを購入するように勧めました。

もし、三角巾を使う場面に遭遇したとき、とっさに使い方や結び方を忘れることがあります。しかし、何例かの使い方が表示されていれば、出血している部位が違っても、それを応用すれば良いでしょう。今日の訓練を思い出して、まずは感染防止を施さなければいけないことも思い出すかもしれません。・・・などをお話しして、3分を締めくくりました。

今後は、訓練全体の状況で、自分の説明する訓練の持ち時間が15分から10分と減少することを考えて、与えられる時間の変化に対応できる訓練方法や話術(話芸?)を身につけていきたいと思いました。

imgp2592←市販の三角巾の実物を見せて、常時携帯を勧めている様子

 今回の防災訓練に際しては、蒲田消防署羽田出張所 Nk所長のお計らいで蒲田消防団第5分団Hr副分団長と事前に打ち合わせと親睦の会を開いていただきました。そのおかげで消防団の方々とも終始和やかな雰囲気で訓練を無事に行えたと思います。

・・・当会(蒲田消防ボランティアの会)を創設(平成14年)した当時は、糀谷や羽田方面の某町会の防災訓練に蒲田消防署の職員と防災訓練へ支援活動に同行すると、町会役員のみならず消防団員からも怪しい目で見られ、追い出されそうになったことも何度かありました。

消防団員と個人的な関係や個人的な紹介で飲みに行くことはあっても、今回のようなコミュニケーションを行って訓練をスムーズに開催できたのは、私は初めてでした。今後も、出来ることなら消防団の方々と親睦を深めたいと思います。そして防災訓練を主催される町会や市民消火隊ともコミュニケーションを取って行きたいと思います。このようなコミュニケーションが広がれば、訓練だけでなく実際の災害時は大きな効果が期待できると思います。

以下は、2004年・2005年当時の萩中町会防災訓練(集合型訓練)の様子

dscn1661 dscn1682 dscn51201 dscn50381 dscn50481 dscn1675 

 

以下は、昨年の萩中町会防災訓練(集合型訓練)の様子

imgp13131←応急救護訓練(車いすでの搬送)2回目以降は、消防団の方と説明を交代。

 imgp1317 

↑ 萩中町会市民消火隊 C級・D級可搬式ポンプ操法 ↓ 

(実際に火を燃やし、それを消火しました。)

 imgp1318

萩中町会市民消火隊の訓練は、毎月第1日曜日 10時からです。・・・自分が所属する町会の市民消火隊と同じ訓練日なので見学に行けないのが残念です!

しんぼ3 

 

15ででこうたいするこう 

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

コメントはまだありません。

コメント