2012.10.29

★青年局便り★

昨年の東京消防庁主催のリーダー講習で、同じ蒲田消防署管轄で活動されている男性と知り合いました。
その方の紹介で昨年夏より週に一度ラジオ体操に参加するようになりました。
その紹介されたラジオ体操には「手話サークル」の方々も参加していました。
ラジオ体操後に手話での報告会に私も成り行き上ゲストとして参加させてもらうようになりました。
聾唖者の方といろいろとお話する機会が増えたこともあり、手話に関心をもつようになりました。
そして、今年の6月くらいから、少し真面目に勉強をするようになりました。
先日、その手話サークルで、私はつたない手話をつかって
10月20日の災害時支援ボランティアの訓練のことを報告をしました。

報告後に、聾唖者の男性にこう言われました。

【君みたいな手話を勉強しているボランティアは、
 <手話勉強中>と書いてあるバッジを胸につけて活動してくれないか?】

※バッジ参考
http://www.shuwaken.org/items/shop/pins.htm

私自身は指文字がようやくできるレベルなので「手話ができる」というには
おこがましいレベルなので、答えをためらっていると、つづけて彼がこういいました。

【たとえ、手話のレベルが低くても、
私たち(聾唖者)に対して「理解がある人が目の前にいる」ということが何よりも大切なんだ。】

消防ボランティアとして、救助スキルが高く有るべきなのは、もちろんのことかもしれません。
でも、それ以上に消防署では対応しきれない「人」や「心」のサポートを、
私たちボランティアができたら素晴らしいことではないでしょうか?

私たち災害時支援ボランティアの仲間は、たくさんの個性があり、いろいろな特技を持っています。

電気に強い人、料理人、ガス関係に強い人、人前で話すことが上手な人、
歌がうまい人、高齢者の扱いが上手な人、子供の扱いが上手な人、動物の扱いが上手な人、
英語を話すことが出来る人、力が強い人、交渉が上手な人・・・
通常の訓練だけでは知ることのできない特技を皆もっています。
その特技をお互いが知り、また有事の時にその特技を発揮するには
日々の生活の中で【お互いを知ること、理解すること、認め合うこと】が、実はとても大切なことではないでしょうか?

【お互いを知ること、理解すること、認め合うこと】ができるような活動にするために、いろいろと考えていきたいと思っています。
これからも、協力をお願いします。


 【青年局長Mより】

2012.10.15

10月の夜間訓練! ~担当係長異動ニュース~

 ~担当係長異動~

先日の人事異動で、災害時支援ボランティア担当のOk係長が、羽田出張所の所長として赴任されました。Ok係長は、今までにない様々な経験と訓練をさせてくださいました。また、今月の都南町会防災訓練。来月の羽田ふれあい祭、糀谷地区一斉防災訓練など、これからもお目にかかる機会が多くあり、より一層のご指導ご鞭撻を賜りたいと思う次第です。

Ok係長の異動に伴い、8月の夜間訓練をご指導くださいました羽田出張所のNk所長が、Ok係長と交替で警防課生活安全係係長に就任されました。生活安全係とは、消防少年団、消防婦人クラブそして災害時支援ボランティアを担当します。Nk所長は、Ok係長の前々任者であります。当会が、消防署との関係を深めるきっかけを作ってくださった方です。その方が、再び災害時支援ボランティアの担当をしてくださるのですから、当会もより一層訓練や活動に励みたいと思います。

 

~10月の夜間訓練~

蒲田消防署災害時支援ボランティア年間計画に基づいて、今月の夜間訓練は『放水訓練』です。

imgp2960←2012.09.30署・団・ボランティア合同訓練imgp2917←2012.09.30署・団・ボランティア合同訓練

『放水訓練』の内容について、“新任の” Nk係長から今回の夜間訓練についてお伺いしたところ、「月末に消防団と放水訓練とをしたと聞いていますので別の観点でやりたいと思います。」との回答をいただきました。

imgp0369←2010.11.20 総合震災消防訓練

 

 上段2枚の写真は、先月30日の『署・団・ボランティア合同訓練』のポンプ車からの放水訓練の様子。下段は、2年前の震災訓練でD級可搬式ポンプからの放水訓練の様子です。夜間訓練の参考にしてください。
 

2012.10.14

保護中: 10月 役員会議事録

この投稿はパスワードで保護されています。閲覧するにはパスワードを入力してください: