2013.10.20

10月の夜間訓練!

10月17日19時~20時30分 蒲田消防署にて定例夜間訓練が開催された。

dscn089610月1日付けで着任された新署長が、蒲田消防署災害時支援ボランティアのために着任のご挨拶をされました。新署長は、「10月1日付けで着任しました。そして7日に東六郷一丁目(署長公舎)に引っ越してきました。」っと気さくに挨拶されました。その後、写真右手に整列していた係長や署員を部屋の外に追い出して、ボランティア一人ひとりに声をかけ、自己紹介を求められました。そして最後に自ら、自己紹介をしてくださいました。過去に(蒲田消防署の隣)大森消防署で予防課長されていたことなどをお話しされました。

dscn0897←その後、訓練参加ボランティアと記念写真を撮ってくださいました。

署長がお帰りになった後、少し休憩をした後は、消防署の敷地内の消火栓を利用してスタンドパイプの訓練を実施した。

dscn0899  dscn0900←最初にスタンドパイプの台車からスタンドパイプとホース、筒先、工具などを取り出しました。

dscn0910 dscn0911 dscn0912←スタンドパイプから吸水。放水訓練も!

dscn0916←最後に訓練参加者全員で記念写真。災害時支援ボランティアは10名。署員は、担当係長・担当統括始め第3部の皆さんでした。

2013.10.17

東京消防庁 『ボランティア通信』

東京消防署ホームページ http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ に 東京消防庁災害時

支援ボランティア『ボランティア通信』というコーナーがあります。

その中の第36号と第41号に蒲田消防署災害時支援ボランティアの記事があります。

第36号 http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-bousaika/sien/letter_36.html         ボランティア同士での技術の伝承

第41号 http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-bousaika/sien/letter_41.html         防災週間 大田区役所 消防PRコーナーで募集活動を実施

それぞれ記事を参照してください。また、他の消防署の仲間たちの活動も合わせてご覧ください。各消防署は、各地の地理や地域の特性を活かした様々な訓練や活動をしている事が分かります。

蒲田消防ボランティアの会は、蒲田消防署の災害時支援ボランティアを一人でも多く集め、一人でも多くのボランティアに訓練回数の機会を与え、リーダー・コーディネータへの昇格を推進する活動をしています。また、災害時支援ボランティアだけでなく、災害時に一人でも多くの方が、救命・救護が出来るように蒲田消防署管内の防災訓練に出向き災害時の三角巾止血法とその際の感染防止の指導。心肺蘇生法とAEDの扱い方の指導(応急手当普及員がいる場合)と指導補助(応急手当普及員が不在の場合)等を行っています。

これからも消防署のご指導とご協力を仰ぎながら訓練を実施します。

大災害時には、災害時支援ボランティアとして消防職員・消防団員の足手まといにならず、自分達の出来る範囲で活動を致します。