« 11月21日蒲消ボ夜間訓練  | 12月の夜間訓練 »

2013.12.12

11月23日東京消防庁 震災訓練

 

発災想定午前6時。東京消防庁全署あげて訓練を開始します。

災害時支援ボランティアでの1番乗りは、コーディネータのAさん7時10分着。続いてKaコーディネータが到着。その後、約5分~10分間隔でコーディネータ・リーダー・ボランティアが10名ほど参集し、到着後直ちに参集訓練を開始した。

 

dscn1178参集訓練後、整列して担当係長に敬礼をしているところ。

Knは、AとBのチーム編成を実施。その後Knは全体のコーディネートを実施した。チームは、A班のリーダーをコーディネータのTuさん。B班のリーダーをKwさんが担当。A班は、Kaを含む6名(途中で1名早退)。B班はAさんを含む6名で構成しました。

 

訓練内容は、署内:参集訓練・チーム編成。自己紹介。署隊本部報告(一部)。救助救出訓練(リーダーは安全管理)。

dscn1184 dscn11871←災害負傷者に化けて、消防署職員の訓練支援。

 

dscn1211←署外:自転車チームと自動車チームに分かれて羽田四丁目に移動。

 

住民にスタンドパイプ指導。指導者はNgさん→dscn1235

 

dscn1220←その後、消防職員・消防団員のB級可搬ポンプホース延長放水訓練見学。署に戻って地下2階倉庫見学後、整列して警防課長の講評を伺い敬礼して解散した。訓練内容が豊富で、初めての試みも多く良い勉強になったと思う。今井統括は、他にも色々企画されていたようだが時間の関係で全部できなかったと残念がっていたが、体力的にこれで十分と私は思いました。

参加者は、途中早退を含めて11名でした。

 

 

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

RSS

コメントはまだありません。

コメント