2014.07.26

訓練見学記 《志村消防署災害時支援ボランティア》 

5月10日、志村消防署災害時支援ボランティアのKuさんのご紹介で蒲田消防署災害時支援ボランティアコーディネーターのKaさんと私Koで志村消防署に見学に行きました。

その日は座学で志村消防署のHa署長が国際緊急援助隊の隊長として各被災国に救助活動に行かれた体験談をスライドショーを使用してわかりやすく私達に教えてくれました。

 

2008年5月12日中国標準時間14時28分 中国四川省でマグネチュード7.9~8.0の大地震が発生。被災国、中国から日本政府に援助要請があり、5月15日から七日間61名の隊員と警察犬が派遣されました。
この地震は直下型地震であり建物の崩壊が激しかった。しかし、ある学校では机の下に、すぐに隠れた生徒全員助かりました。上から崩れたガレキを机が防いでくれましたおかげで全員無傷でした。

 

次に2012年4月11日、現地時間15時38分スマトラ冲でマグニチュード8.6の地震の発生。これは海溝型地震。日本政府に援助要請があり現地に向かいます。
気温が40度という暑いなかでの救助活動。建物の中に入ってる人の安否の確認を二次災害にならないように慎重に行います。建物は鉄筋が潰れているものがある一方、木造で崩れずに建っているものもありました。

現地の写真を見ながら、一つ一つ丁寧な説明があり、とてもわかりやすかったです。

 

また、東京で大地震が起きた場合の際、自助:共助の重要性を説かれました。
直下型地震といわれてる東京大地震の際には、家具での圧死がほとんど。
まず、火の元よりも自分の身の安全確保が最重要。
四川の地震の経験を生かして机の下などに隠れ、揺れがおさまってから火の元や逃げ道を確保などの次の行動を行います。慌てて逃げるとガレキの下敷きになり、身動きできなくなるので注意してください。
また家の中も寝室には大きい家具を置かないでくさい。枕元に靴を置いておきましょう。
いつでも地震が来るだろうと思い、日頃から準備しておくことが肝要という大事な内容のお話を聞きました。

 

最後に災害時支援ボランティアは、『地震発生は抑止はできませんが、個人の準備で減災はできることをみんなに教えてほしいです。』

本日の座学による訓練は、すごくためになるお話で実りある時間でした。
志村署のボランティアのみなさんは約40名参加。参加人数の多さ、熱心さに、“すごいな!”。と感じました。
蒲田署のボランティアも見習ってみんなで頑張ってゆきたいと思いました。
     
          

 

蒲田消防署災害時支援ボランティア ボランティアKo

2014.07.22

Naボランティアが、応急手当普及員に認定されました!

今月の夜間訓練は、胸骨圧迫とAEDの訓練でした。

その席上、今年災害時支援ボランティアの登録し、その後当会に入会したNaボランティアから「上級救命講習に行ってきました。」との報告を受けました。その話しの後に驚かされました。「ついでに金曜日に勤めを休んで応急手当普及員の三日間講習を受講して、応急手当普及員の認定を受けてきました。」って、“えっ!”つい最近まで「上級救命講習は、いつ蒲消ボでやるのか?」っと、問いあわせてこられていたNaボランティアが、自主的に一人で上級救命講習を受けてこられたって話しだけでも驚いていたのに・・・。応急手当普及員は1日8時間3日間連続で受講しなければいけません。大変です。それを・・・凄い!

 

これで蒲田消防ボランティアの会に応急手当普及員が4名在籍することになりました。

従来は、町会の防災訓練では主に三角巾の指導支援をしてきました。たまに、消防団に混じり胸骨圧迫とAEDの指導を何回かしてきましたが、今後は普通救命講習でない防災訓練程度の胸骨圧迫とAEDの訓練であれば当会だけでも進んでお役に立てる機会が増えた事になると思います。

当会では、上級救命講習は勿論のこと、応急手当普及員を増員し防災訓練支援活動を通して防災訓練支援活動を進めていきます。人に話し人に教えるのは、自分で学ぶよりも何十倍も身に付きます。相手に見せるだけなら簡単ですが、相手に理解してもらう。相手に自分と同じように出来るようになって貰うのは、相手に話す何倍も教えることを理解しておかなければいけません。だから防災訓練指導は、止められないのです。

“さあ、Naボランティアに続こう!応急手当普及員になろう!”

 

注)上記のNaボランティアは、カテゴリー『ボランティア旅便り』のボランティアNaとは 別の方です。

2014.07.19

6月の便り

 関東地方も、入 梅の頃となり、うっとうしい雨の日が続いてますか。こちら釧路も、近年に無い記録的な長雨です今月に入って17日毎日雨、58年ぶりの長雨の記録。北海道に梅雨は無いと言う方々がいますが(蝦夷梅雨)こちらもしばらくうっとうしい天気が続くと思われます。  あと、霧の多い地形で、これまでの記録では、5月から7月にかけ毎日のように霧に悩ませれているようです。  最初にこちらに来てエアコンはいらないが除湿機は必需品と言われた意味に納得している今日この頃です。

出水期における防災対策について、(ボランティア)の方々でも出来る対策を検討したいです。

 

ボランティアNa
 

2014.07.01

防災関連展示会情報

①『危機管理産業展2014』
平成24年10月15日(水)~17日(金)
東京ビックサイト
入場料二千円
事前登録で無料。
詳細は、ホームページを参照してください。http://www.kikikanri.biz/

②第19回『震災対策技術展』横浜
平成25年2月5日(木) 6日(金)
パシフィコ横浜
入場料無料
詳細は、ホームページを参照してください。http://www.exhibitiontech.com/etec/

★以下に参考資料として仙台で開催される震災対策技術展の概要を記します
  来る 8月7日(木)~8日(金)、仙台にて第5回「震災対策技術展」宮城が開催されます。
  災害時に必要となる衛生電話や安否確認システム、避難所で欠かせない非常食や災害トイレなど、
  様々な災害対策製品・技術が展示され、専門家を講師に招いた災害対策セミナーも35セッション開催。

以上です。 災害時支援ボランティアは、活動にお役立てください。