2015.01.20

平成27年 最初の消防署主催『ボランティア訓練』

平成27年1月18日 蒲田消防署主催 災害時支援ボランティア訓練開催(ボランティア総勢18名、うち女性5名、男性10名。そのほか都立六郷工科高校3年男子生徒3名)

 1421638124673

訓練開催前、Kwコーディネータに感謝状として東京消防庁防火部長賞が蒲田消防署長の代読により授与されました。

1421638092479

その後、ボランティア会議を開催。担当係長、統括の続いて各ボランティアが自己紹介と趣味などを話し、最後に警防課長が自己紹介をされました。

1421638156860←蒲田小学校から消防署へ帰署中!

そして蒲田消防署を出て、蒲田小学校へ徒歩で移動。

大田区多文化交流の一環として開催された外国人対象の防災訓練へ。場では3名のコーディネーター毎に班を構成し、119番通報訓練。災害時支援ボランティア器材紹介と各種パンフレット配布。消火器使用法の紹介と消火器による消火訓練の指導に分かれました。

1421638137614←高校生の指導風景→1421638077727

六郷工科高校の3年生3名は、事前に消火器指導法を学び、この訓練に参加した。その甲斐あって、外国人の皆さんにも通訳を介しながらも通じたようであった。指導した高校生も実感を感じ、指導して良かったと口々に言っていた。何事も、教わるよりも教える方が身に付くものです。

 

訓練後の反省会で、パンフレットの配布は訓練が全て終わってから渡したほうが良い。パンフレットを持たされた後、カバンなどを持参していない人は、手がふさがって消火器訓練が出来ない。今回はなかったが、パンフレットを持っている人は、三角巾やAED訓練の参加も控える人が多く見られる。との指摘があった。

それに対して消防署では、今後の防災訓練ではパンフレットの配布は、最後にするよう関係団体に伝えるとの回答があった。