2014.07.26

訓練見学記 《志村消防署災害時支援ボランティア》 

5月10日、志村消防署災害時支援ボランティアのKuさんのご紹介で蒲田消防署災害時支援ボランティアコーディネーターのKaさんと私Koで志村消防署に見学に行きました。

その日は座学で志村消防署のHa署長が国際緊急援助隊の隊長として各被災国に救助活動に行かれた体験談をスライドショーを使用してわかりやすく私達に教えてくれました。

 

2008年5月12日中国標準時間14時28分 中国四川省でマグネチュード7.9~8.0の大地震が発生。被災国、中国から日本政府に援助要請があり、5月15日から七日間61名の隊員と警察犬が派遣されました。
この地震は直下型地震であり建物の崩壊が激しかった。しかし、ある学校では机の下に、すぐに隠れた生徒全員助かりました。上から崩れたガレキを机が防いでくれましたおかげで全員無傷でした。

 

次に2012年4月11日、現地時間15時38分スマトラ冲でマグニチュード8.6の地震の発生。これは海溝型地震。日本政府に援助要請があり現地に向かいます。
気温が40度という暑いなかでの救助活動。建物の中に入ってる人の安否の確認を二次災害にならないように慎重に行います。建物は鉄筋が潰れているものがある一方、木造で崩れずに建っているものもありました。

現地の写真を見ながら、一つ一つ丁寧な説明があり、とてもわかりやすかったです。

 

また、東京で大地震が起きた場合の際、自助:共助の重要性を説かれました。
直下型地震といわれてる東京大地震の際には、家具での圧死がほとんど。
まず、火の元よりも自分の身の安全確保が最重要。
四川の地震の経験を生かして机の下などに隠れ、揺れがおさまってから火の元や逃げ道を確保などの次の行動を行います。慌てて逃げるとガレキの下敷きになり、身動きできなくなるので注意してください。
また家の中も寝室には大きい家具を置かないでくさい。枕元に靴を置いておきましょう。
いつでも地震が来るだろうと思い、日頃から準備しておくことが肝要という大事な内容のお話を聞きました。

 

最後に災害時支援ボランティアは、『地震発生は抑止はできませんが、個人の準備で減災はできることをみんなに教えてほしいです。』

本日の座学による訓練は、すごくためになるお話で実りある時間でした。
志村署のボランティアのみなさんは約40名参加。参加人数の多さ、熱心さに、“すごいな!”。と感じました。
蒲田署のボランティアも見習ってみんなで頑張ってゆきたいと思いました。
     
          

 

蒲田消防署災害時支援ボランティア ボランティアKo

2010.07.15

矢口消防署災害時支援ボランティア“STRAP”訓練 ①

7月 8日(木)午後7時~矢口消防署にて、矢口消防署災害時支援ボランティアの有志団体 “STRAP”(サポート チーム レスキュー アンビュランス パワー)の訓練がありました。

そこへ仕事の都合で開始15分ほど遅れて消防署に到着しましました。

昨年の11月、当会リーダー養成訓練に参加したSTRAPのSコーディネータのお招きで、見学に行きました。(詳細は、下記の線をクリックしてください。)

2009.12.03

11月19日 リーダー養成訓練 『基本結索』

2009.12.15

矢口消防署“STRAP”より、ご招待がありました!

 感動しました。蒲田消防署の訓練も消防職員の方々が真剣にご指導下さいますので、私たちも毎回ヘトヘトになるまで訓練に参加しています。矢口消防署では、蒲田消防署とは、全く違う訓練をされていましたので、とても参考になりました。災害時支援ボランティアは、災害時に消防署・消防団の後方支援として活動するものと思っていましたが、これからは防災訓練でも消防署員に代わって、防災訓練の準備や撤収を主体的に出来るよう訓練をされていることに驚きと感動を覚えた次第です。

 

矢口消防署災害時支援ボランティアSTRAPでは、訓練内容を解説した冊子が、用意されていました。

冊子の表紙には、『定例活動 7月-都民指導編』表紙込み4頁。・・・都民指導(使用器材と使用方法)

1,通報訓練。2,消火訓練。3,煙体験ハウスの3本立て。

使用器材と使用方法ということから1~3の訓練の仕方ではなく、その器材の使い方を指導するものでした。

当会は、創立以来ほぼ毎年蒲田消防署管内の町会防災訓練などに訓練支援活動に参加しています。その支援の仕方は、心肺蘇生とAEDや三角巾の指導補助。担架搬送や各種バケツリレーの指導。訓練用模擬消火器(クンレンダー)の水入れとコンプレッサーによる加圧。煙ハウスの入場退場の誘導と確認など、消防職員が準備された器材を使用することがほとんどでした。しかし、矢口消防署のSTRAPの訓練は、防災訓練の器材の設置から使用方法、そして片付けまで実際に触って組み立て、使用して片づける訓練でした。

1,通報訓練

訓練用通報装置p70847121 p7084711 

通報装置の使用法を学んでから、119番通報の受信時の応対を学びます。p70847133

この通報訓練は、消防職員が火災現場や事故、急病の絵を通報者役の人に見せ、その絵に合った内容を通報します。それに対し、通報装置側(消防庁役)は、「消防庁。火事ですか?救急ですか?」「そこは 何区、何町、何丁目、何番、何号ですか?」など。119番通報時の消防庁の受け答えを学びます。(・・・続きは、②へ。)

 

◎自分が所属する消防署と近隣の消防署の災害時支援ボランティアが、交流をすることは有意義です。

『災害時支援ボランティアマニュアル』にも記載されています。

蒲田消防署と矢口消防署の間には、JR京浜東北線・東海道線などが南北に延びています。もし、福知山線のような大災害が起きれば東西の災害時支援ボランティアが協力して活動する可能性があります。

蒲田消防署には、北に大森消防署。矢口消防署には、北に田園調布消防署があります。この4署は、大田区内の消防署です。以前は、4署の災害時支援ボランティアが合同で訓練をしていましたが、最近はありません。4署合同ですとなかなか人的な交流まではできません。そこでボランティア同士の交流を図るには、互いの消防署の訓練に見学あるいは訓練に参加することが、望ましいのです。今回の行動で、蒲田消防署と矢口消防署の災害時支援ボランティアの交流は深まりました。先々月は、矢口消防署にお邪魔したときは歓迎されましたが、訓練そのものは中止でした。今回は、新任の方だったので事情が伝わっていなくて結果、無断で見学に行ったことになりました。そのことが、蒲田消防署の担当係長に伝わり、二度と無断で他所の消防署に見学に行かないよう注意されました。(平常時は!)

2010.07.04

再録 品川区合同水防訓練

品川区合同水防訓練 見学

      p5234611 p5234610

              ↑日本救助犬協会の“救助犬”も訓練に参加していました↑

★5月23日(日) 9時30分~11時30分 
品川区立西大井広場公園(品川区西大井一丁目4番)にて『品川区・第二消防方面合同水防訓練』が開催されました。

6月8日に見学報告を掲載しましたが、写真の掲載が1枚しか出来ませんでした。

websideリニューアルに伴い写真掲載が出来るようになりました。そのため掲載できなかった写真や報告を増加致しましたので、是非再度ご覧ください。

上記『品川区合同水防訓練 見学』をクリックしてください!

2010.06.08

品川区合同水防訓練 見学

p52345983

5月23日(日) 9時30分~11時30分 
品川区立西大井広場公園(品川区西大井一丁目4番)にて『品川区・第二消防方面
合同水防訓練』が開催されました。

 

「参加機関は、(第2方面本部大田区内の消防署と)品川区内品川・大井・荏原消防
署・品川区内3消防団・3消防署災害時支援ボランティア・区内各町会・品川建設
防災協議会・東京都下水道局。合計446名。」・・・水防訓練パンフレットより

p5234611  p5234610

          日本救助犬協会の災害救助犬も水防訓練に参加していた。


【訓練の趣旨】
「台風や集中豪雨等の多発する時期を前に、水害による被害の軽減を目的として、
品川区・消防署・消防団等が連携し、組織力及び機動力を結集した大規模で実戦的な
水防活動の訓練を実施します。さらに、住民が参加することにより都市型水防工法の
普及を推進し、区民の水防意識の高揚を図ります。」・・・水防訓練パンフレット

【訓練想定】
「台風X号の接近により東京23区、特に品川区内で局地的集中豪雨が発生。地盤の
低い地域では、浸水の被害が多数発生したという想定で、自助・共助の住民意識の
もと区民による簡易的な都市型水防工法を実施。

一方、断続的な豪雨により立会川において越水危険が生じ、さらに、付近マンホール
から雨水噴出により家屋への浸水被害が相次いで発生。荏原消防署と品川区で連携
し水防活動にあたるとともに、方面隊長に水防部隊の応援を要請。地域の特性と被害
状況に最も適した実戦的な水防活動が次々に展開されます。」
・・・水防訓練パンフレットより。


★訓練当日は、あいにくの雨模様。訓練が開始されると雨足はさらに増し、雨合羽を
 買いに一度会場を出なければ、写真撮影もままならないほどになりました。
 しかし、水防訓練ですから訓練としては、好都合だったかもしれません。訓練参加の
 皆さん、見学者ともに立会川の決壊に備えて、真剣に訓練に臨んでいました。

★品川・大井・荏原消防署の各災害時支援ボランティアは、会場内に設置された商店
 や民家に対し、浸水するのを防ぐために土嚢を積んだり、どこにでもあるようなプラン
 ター(細長い植木鉢)やポリタンク、段ボールを使用して簡易浸水水防工法を実施。
 各災害時支援ボランティアも真剣に作業にあたり、きれいに仕上がっていきました。

p5234567 ←簡易水槽から水をくみ出している様子。

p5234568 ポリタンクで簡易土水嚢を作っています。

p5234569←こちらは段ボール箱の中に水を入れ重たくしたビニール袋で作った簡易水嚢です。

p5234573←段ボールの箱をビニールで覆って完成!

p5234581←プランターを使った土嚢

★消防隊、消防団、品川区職員、ほか行政や各種団体が、それぞれ状況に合わせて
 各種の水防工法を披露していました。

               p5234603
    蒲田消防署の蒲田水防第一小隊は、“月の輪工法”という工法を実施しました。

     p5234606   p52346081 

“月の輪工法”とは?・・・『堤防の裏側に穴があいて水がふきだした場合に、
  川の水位との水位差をちぢめ水の圧力を弱め、堤防が壊れてしまうのを
  防ぐのにこの工法が使われます。』( 出典『最上川電子辞典』より )
http://www.thr.mlit.go.jp/yamagata/river/enc/genre/03-kou/kou0206_002.html


★私事で恐縮ですが、私がリーダー講習、コーディネータ講習を受講した時に担当され
 ていた方が、荏原消防署のボランティア担当係長として赴任されていました。


 嬉しさのあまり、ご挨拶させて戴きました。私がリーダーとなり、現在コーディネータと
 して活動できるのも、この方のおかげと感謝しています。
 また、大井消防署のボランティアには、本庁のボランティア講習会でグループを共に
 したKコーディネータが参加されていました。
 (本庁のリーダー講習、コーディネータ講習。そのほか各種講習会に参加すると、
 自分の所属消防署以外の方にお目にかかったり、災害時支援ボランティアの仲間
 が増えます。それがさらに勉強になり、情報交換の機会に繋がります。)



☆本日の訓練は、蒲田消防署警防課担当係長に日時を伺い、当会所属のコーディネ
 ータとボランティア各1名が見学に行きました。

★この水防訓練様子は、下記のホームページからも見ることができます。

品川区  http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/page000011400/hpg000011399.htm



2010.06.01

大田区合同水防訓練 見学

5月15日(土) 9時30分~11時10分 
大田区田園調布本町32番多摩川丸子橋緑地にて『大田区合同水防訓練』が開催されました。

参加機関は、大田区・大田区内4消防署・大田区内4消防団・田園調布消防署管内各町会・自治会・田園調布消防署災害時支援ボランティア・大田区建設協会。

 

【訓練実施概況】
「台風X号の接近に伴う集中豪雨により、監視警戒に出場中の大田区パトロールカー及び東京消防庁の消防活動二輪車が多くの家屋への浸水、多摩川堤防からの越水危険を発見、水防関係機関と地域住民が協力し活動を実施します。」・・・水防訓練パンフレットより

←災害時支援ボランティアは、地域住民と協力して家屋への浸水防止を実施しました。実施にあたっては、各ご家庭にある物を使って簡易的かつ効果的な方法で行われました。
道具は、ポリタンクやビニール袋。大型のビニールシート
花を植えるプランターなど・・・。
 ←先ず、家の前にビニールシートを広げます。

←近くの川や池、風呂や水道などからポリタンクやビニール袋に水を汲みます。
←水を汲んだら、素早くビニールシートの上に運びます。
←ビニールシートの上に、ポリタンクを並べて、それをシートで包みます。


←ポリタンクが無い場合は、空のプランターを並べ、その上に水を入れたビニール袋を載せて包みます。
←家屋前にポリタンクやビニール袋とプランターで家屋浸水防止対策が出来上がりました。

一般家庭では、浸水防止の土嚢や防災用品店で販売されているような水に浸して膨らむ水嚢などを用意しておくことは、なかなかできません。しかし、もしも浸水しそうな時は、事前に対策を準備したいものです。
そんな時は、ご家庭にあるものを用いて水防対策をしてみましょう。
上記の方法以外にも、段ボールに水を入れたビニール袋を入れてビニール袋で包む方法。
ビニール袋に土や砂を入れて土嚢にしても構いません。ビニールシートがなければ、ピクニックシートでも構いません。ほかにも考えれば方法は、他にもあるはずです。諦めずに、ご家庭のあるもので対策を考えてみましょう。

今回は、田園調布消防署の災害時支援ボランティアの中に、大森消防署の災害時支援ボランティアが、数名応援要請を受けて参加していました。

←最後に大田区長の“点検”がありました。

この水防訓練は、災害時支援ボランティアのほかに参加各機関による様々な工法が実戦さながらの方法で紹介されました。最後には、東京消防庁第二方面本部水難救助隊による水中からの救助救出訓練も見学することが出来ました。
  

今回の訓練に蒲田消防署災害時支援ボランティアへの訓練参加要請は、ありませんでした。そこで当会所属のコーディネータ1名とリーダー2名が見学に行きました。

2010.05.30

祝 蒲田消防署Hp ボランティアのページ”新設

蒲田消防署のホームページに、“災害時支援ボランティアのページ”が開設されました。

 

 

当会(蒲消ボ)では、創立以来、自分たちの所属する蒲田消防署のホームページに災害時支援ボランティアを紹介するコーナーがなかったことを憂い、事あるごとに消防署に開設を依頼してきました。
一度は、紹介されたことがありましたが、専用のページが有ったわけではなく、時機に姿を消してしまいました。

 

・・・それがついに念願が叶いました。

内容は、ボランティアの活動と募集です。是非一度、ご覧ください。

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-kamata/vollunteer/vollunteer.html


・・・また今後も、当会(蒲消ボ)のブログもご覧ください。

2010.05.03

16,000名の仲間たち!(都内80署のボランティア)

東京都内80か所の消防署には、約16,000名の災害時支援ボランティアが登録しています。
その中には、当然蒲田消防署のボランティアも入っています。つまり蒲田消防署のボランティア登録者200名以外にも、東京都内には仲間が約16,000名近くいます。東京消防庁では、毎年1月に全消防署の代表者を1名。消防学校に集め、各種合同訓練を実施しています。その場へ行き他の消防署のボランティアと親交を深め、情報交換も進めています。

また、情報交換の一環として、ホームページやブログを拝見することも増えています。
今回は、他の消防署のボランティアを掲載したYouTubeやホームページを紹介します。
まだ、私の知らないところも沢山あると思いますが、参考にしていただければ幸いです。


YouTube  『調布消防ボランティア講習会①』『調布消防ボランティア講習会②』


  
 http://tfdv-denenchofu.at.webry.info/   東京消防庁災害時支援ボランティア田園調布隊  (田園調布)

http://saigai.at.webry.info/ 災害時支援ボランテア(府中)

http://blog.goo.ne.jp/hideko-masakuni-60 応急手当と災害時支援ボランティア (八王子)

このほか当ブログリンクの東京消防庁のリンク先にある各消防署の災害時支援ボランティアも参照されると
災害時支援ボランティアを理解する上で参考になると思います。
私が、良く拝見している消防署は、下記の通りです。

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-yaguti/volunteer/index.html 矢口消防署 災害時支援ボランティア

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-oomori/vol/vollunteer.html 大森消防署 災害時支援ボランティア

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-higasimurayama/recruit/vol/volunteer.html 東村山消防署 災害時支援ボランティア

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-hatiouji/volan3.html 八王子消防署 災害時支援ボランティア


以上、4署のホームページを何度も拝見しています。
このほか、東京消防庁各消防署のホームページも参考に拝見しています。皆さんも是非一度最寄りの消防署のホームページをご覧ください。

ホームページの作成は、各消防署の職員の方が担当されています。だから内容や構成は各消防署ごとに違います。中には災害時支援ボランティアの説明を本庁にリンクして、それだけで説明にされているところもあります。

災害時支援ボランティアを載せいていない消防署もあります。
私たちは、消防署の指導と助言に基づいて支援活動を行います。
大地震や大災害時には支援部隊として実動します。消防少年団や婦人防火クラブより消防署に近い存在であると自負しています。創設以来15年以上の付き合いがあるにもかかわらず、消防署のホームページに載せてもらえないのは、如何なものでしょうか。
ある消防署にその理由を伺うと、「定員がいっぱいだから募集の必要性はない。だから載せません。」との事でした。募集はしなくても活動報告やその存在自体を消防署管内に知らせておくことは、必要と思います。

災害時支援ボランティアを登録している消防署の職員の方は、是非消防署のホームページに災害時支援ボランティアを常設で掲載してください。そうすればボランティア自身の励みになります。お願いいたします。






































2010.02.06

大田区合同水防演習 “見学”

5年近く前のことですが・・・・・・・。 

平成17年 5月15日『大田区・第二消防方面合同消防演習』

平成17年 1月22日 蒲田消防署での大田区内4消防署の災害時支援ボランティア意見交換後、暫くして、多摩川の土手にて『大田区・第二消防方面合同消防演習』があり、それに“矢口消防署の災害時支援ボランティア”が、参加するとの情報があったので、見学に行きました。
   
矢口消防署災害時支援ボランティアは、洪水で矢口食堂に水が浸水してこないように、どの家庭にもあるようなもので簡易的土嚢をつくる作業をしています。
材料は、大きなビニールのゴミ袋に水を入れたものを段ボールや、長方形のプランターに入れます。それをハイキングなどで使うビニールシート包み水の浸入を防ぎます。

←消防隊・消防団(水防団)・大田区職員の土嚢。


この演習には、消防職員・消防団・大田区職員などが参加されていました。そして各種の土嚢作業訓練のほか、水難救助訓練などの展示訓練もありました。

私は、災害時支援ボランティアの次に印象に残ったのは、下記の実験です。
河川の氾濫や局地的急激な大雨は、浸水被害をもたらします。特に地下室への浸水は危険です。
下記の写真は、地下室への浸水が、どの程度になると地下室のドアが開かなくなるかを実験する実物大の模型です。

 ←大人の人が、顔を真っ赤にして力いっぱい押してもドアは、まったく開きません。

浸水時は、地下室に降りてはいけません。まだ、このくらいの水なら大丈夫という過信が、命を落とす危険になります。地下室にドアがあると浸水により水が溜まり、大人でもドアが開けられなくなります。

・・・・・・この翌年の合同水防訓練には、大田区4消防署の災害時支援ボランティアも合同で演習に参加するようになりました。

(上の写真のどこかに、当会事務局長Kが写っています。どこにいるでしょう?・・・ヒント:オレンジ色の帽子!)

2009.12.15

矢口消防署“STRAP”より、ご招待がありました!

先月の当会夜間訓練に飛び入り参加された矢口消防署災害時支援ボランティアのグループ“STRAP”のコーディネータS氏より先日電話がありました。“STRAP”のメンバーと話し合った結果、「来年、4月以降なら、見学に来てほしい。交流をしよう。」と、うれしい電話がありました。

矢口消防署の“STRAP”訓練日は、毎月第二木曜日。その日は、毎月当会の役員会の日。折角、殆どの役員が集まる日だから、揃って矢口消防署に見学に伺おう。と、会長・副会長と話していた矢先の出来事でした。

大地震の場合は、他所の消防署の応援に行くことは殆どないと思います。しかし、大災害時には、応援の可能性が大いにあります。
矢口消防署管内と蒲田消防署管内は、JR東海道線、京浜東北線によって西と東に分かれています。もし、鉄道の脱線事故などがあれば西と東から互いに力を合わせて支援活動を行う可能性があります。

災害時支援ボランティアは、東京消防庁16,000名同じ制服を着ています。当然、仲間であります。でも、顔も名前も知らない初対面では、やりずらいこともあるでしょう。

だから、出来ることなら各消防署ごとに東西南北の消防署ごとに親睦や協力など2署合同訓練などをされたら良いと思います。
大田区には、田園調布・大森・矢口・蒲田消防署があります。過去何回かは、合同で訓練を行ってきましたが、あまりにも大がかりで、
個人レベルの交流は皆無でした。

2署ぐらいで交流を始め、それを徐々に広げていけば次第に顔と名前の知れた仲間が増えてくると思います。
災害時支援ボランティアとしての悩みや苦労も分かち合えると思います。共に協力して募集活動など出来るでしょう。情報交換も活発に出来るかも知れません。

2009.10.27

大田区合同水防演習

 
4年ほど前のことですが・・・・・・・。
平成18年 5月28日 『大田区合同水防演習』が、開催されました。
合同演習には、大田区、大森・田園調布・矢口・蒲田の消防署・消防団・災害時支援ボランティア。
このほか、建設関係の団体などが参加しました。


消防署と消防団は、土のうによる本格的な各種水防工法の実演展示をされました。


 災害時支援ボランティアは、各消防署ごとに店舗や家屋への浸水を防ぐための簡易土嚢を、家庭の身近なものを利用して作成しました。


4署のボランティアは、約40名。蒲田消防署からは、当会の8名(うち2名女性)が参加しました。
よその消防署のボランティアに、高校生の姿もありました。

次へ »